町田里山作業日記

第42回:2008年7月13日(日)

・田んぼの草取り
・大豆の定植と播種
・夏野菜追肥・誘引など肥培管理

猛暑!炎天下、熱中症を心配しながらの作業となる。
田んぼ:田んぼは土手を刈り払い機で草取り。田んぼの渕の草を手で採る。3人だけだったので、とれも採り切れず、次回に回す。
大豆:小麦収穫後の畑をトラクターで耕す。ワラを燃やし畑に播き耕運。苗床の大豆は無事に発芽している。寒冷紗をはずし苗を畑まで運ぶ。株間30cm、畝間65~70cm、2株ずつ定植。暑いので、どんどん乾いていく。根元に冠水をする。大豆を育苗した所に、30cmの株間、2粒ずつ2列播き、定植との生長の比較をしてみようと思う。
裏山の上の畑:裏山の上の畑は草、草、草。ジャガイモを見つけ出すのも大変だが、残りを掘り起こす。大きなジャガイモがたくさん採れる。
下の畑:ナス、キュウリ、トマト、ピーマンの肥培管理、誘引など。収穫。だいぶ持ち直したものの、やはり出来は良くない。
Oさんお母様から差入れの冷えたスイカ、ブドウが本当に美味しく、有り難いです。