田舎の学校つれづれ

NO.9「農地保全」と「家庭菜園」」

   食糧自給率の低さがわかっているのに、農地の減少は食い止められない。就農、就農と旗を振っているわりには就農者が増えない。食料輸出国だった中国が輸入国になる。大豆の高騰で豆腐一丁が千円という時が近い将来やってくる・・・ そんな不安のある農業ですが、畑の瑞々しい野菜、頭を垂れる稲穂を見ていると、「うんうん、これでしばらく大丈夫」と安直に思うこの頃です。
   国や自治体は就農のための研修や、就農支援施策をいろいろ行っています。せっかく研修を受けても雇用先が見つからなかったり、労働に見合う収入が得られないなどで、なかなか就農に結びつかない問題に直面します。さらに、政策の見直しで小規模農家の切り捨てと作物の集約化にますます拍車がかかる現状にあります。
   一方、週末になれば「田舎の学校」の畑で百名ほどの人たちが楽しく農作業をやっています。農業でなく、気楽でいつ止めてもよい趣味、気の合う仲間に会えるから楽しい。そんな畑での擬似農業体験でも、多種多品目の栽培に農地は立派に活かされています。全国の市民農園の広さを考えると、これも立派に農地保全ではないかと思います。
   都会の体験農園や市民農園、田舎の家庭菜園をしている人たちが、農作業を行う際の大切なポイントは、きちんとした指導の下で農作業を学び、農と食の安全な結びつきも学ぶことでしょう。「家庭菜園」の一番の効用は、自ら作り自ら食べる、そこからいろいろなこと、農業や食文化、生産者と消費者、などが見えてくることではないでしょうか。

(2006年11月 田舎の学校代表 田中直枝)