『講座案内』 の講座案内

2017年 江戸東京の変貌 上野の台地・寛永寺を巡る ~岡本哲志先生とたどる下町歩き~

この講座の受付は終了いたしました。

上野の台地・寛永寺を巡る

不忍池を除いて30万坪強あったといわれる寛永寺。寛永寺は、寛永初期に本坊をはじめ寺院の建設がはじまり、元禄期に寛永寺の中心である根本中堂が創建され一応の完成を見ます。寛永寺は、この完成までを1期とすると、元禄11年の大火で境内の一部を焼失して境内を2倍に拡大した2期、上野戦争で中心的な施設が焼失して博覧会の舞台となった3期、そして戦後に博物館、美術館が加わる4期に分けられます。現在の上野公園は、激しく変化しながらも、この4つの期が重なり合って成立しています。
ここでの目玉は、本坊(現東京国立博物館)につくられた小堀遠州作の庭園。他にも江戸時代の名残りが多くあります。

講師はNHK「ブラタモリ」出演の、都市形成史研究科・岡本哲志先生。
上野・寛永寺をめぐり、その成り立ちと変遷を歩いて体感します。

講座詳細

開催日時 2017年4月8日(土)  10:00〜13:00頃
予備日 2017年4月15日(土)※4月8日が悪天候の場合、4月15日(土)に振り替えて実施いたします。
受講料
3,800円
※2017年5月20日(土)開催の「大正の風景へタイムスリップ 谷中と千駄木を巡る ~岡本哲志先生とたどる下町路地歩き~」と同時にお申込みの場合、2講座併せて受講料7,000円でお得です。
講 師 岡本哲志先生(都市形成史研究家)
場 所 上野界隈
定 員 15名
募集状況 × ※○申込可 ×受付終了

 

講師について

岡本哲志先生岡本哲志

講師は、NHK「ブラタモリ」出演の、都市形成史研究家・岡本哲志先生です。