講座レポート

NO.86ゼロからはじめる家庭菜園実習-「船橋教室」

(4/22~、6/3 千葉県船橋市/飯島農園)

午前はみんなで共同実習、午後は各自の区画で復習!

   船橋教室では、指導の飯島幸三郎さんのご協力で、この春から共同畑での実習の他に、待望の個人区画でも実習できることになりました。実習の日は午前中に今までどおりみんなで飯島さんの指導を受け、共同作業、午後は個人区画で各自栽培・実習です。まさに理想的!
   1区画おおよそ10坪(30㎡)、4月22日にマルチを張りとトンネル(寒冷紗)がけした柵にはピーマン、シシトウ、長ナス、丸ナス、カボチャ、トウガラシ、を作付け。キュウリ、ゴーヤは、竹支柱に誘引。マルチに釣り糸を張って鳥除けをしてからエダマメ、トウモロコシ、インゲンを播種。その後、オクラ、モロヘイヤ、胡麻も定植しました(写真・左)。休みの人の畑の管理をしたり丸1日の労働ですが、農業の厳しさを実感しながらも、仲間と一緒の作業は楽しみでもあります。
   6月3日の共同作業は草取り、ブロッコリーの収穫と整理、ニンジンの間引き。畑作業の傍ら、順番でホンダの管理機の扱い方を学ぶ。高畝に黒マルチを張ったところへサツマイモ(紅東)を植える。茎をマルチの穴へ挿していく方法で植付けました(写真・右)。昼食後はそれぞれの畑で野菜の手入れ。もうすぐキュウリが収穫できそうです。