2017年 開催講座案内

≪現在募集中の講座≫

● 2017年6月4日(日) だれでも簡単にできる野菜作り教室 トマト講座

● 途中参加もできます!ゼロから始める家庭菜園実習

『だれでも簡単にできる野菜作り教室』トマト講座

ご家庭で夏野菜の人気者トマトを栽培しましょう♪ 人気の講座です。お申込みはお早めに!

開催日時:

トマト講座  2017年6月4日(日)  10:30~12:00

場 所:イトーヨーカドー大井町店 8階屋上(東京都品川区大井1-3-6)
参加費:1回 大人4,000円(受講料2,800円+教材費1,200円)
      こども(中学生以下)1,400円+教材費1,200円
     (大人同伴で教材を一緒に使う場合は教材費は不要です) 
      小学3年生以下無料(大人同伴の場合に限ります)

※複数講座を同時にお申込みの場合、1講座あたり 大人400円の割引がございます。

・苗を植えつけたプランターはお持ち帰りいただけます。
 宅配をご希望の場合は送料1,371円~(税込)
・車でお越しのお客様にはイトーヨーカドーの駐車場3時間無料券をお渡しいたします。

詳しい内容とお申込みはこちら

『だれでも簡単にできる野菜作り教室』は毎回違うお野菜をテーマに育て方を学びます。7月までの予定はこちらをご覧下さい。

2017年 大正の風景へタイムスリップ 谷中と千駄木を巡る ~岡本哲志先生とたどる下町路地歩き~

谷中と千駄木を巡る

東京はこの一世紀で大きく変貌しました。関東大震災、東京大空襲で焼失を逃れた谷中・千駄木は変わらない東京の一地域でもあります。昭和初期を飛び越えて、森鴎外や夏目漱石が歩いて見ていたのと同じ明治、大正の風景をきっと共有できるでしょう。
谷中での目玉は寺町の小道。千駄木の目玉は、旧安田邸、須藤公園。一世紀前の世界へ、足を踏み入れましょう。

講師はNHK「ブラタモリ」出演の、都市形成史研究科・岡本哲志先生。
上野・寛永寺をめぐり、その成り立ちと変遷を歩いて体感します。

講座詳細

開催日時 2017年5月20日(土)  10:00〜13:00頃

※5月20日が悪天候の場合、5月27日(土)に振り替えて実施いたします。

受講料
3,800円
※2017年4月8日(土)開催の「江戸東京の変貌 上野の台地・寛永寺を巡る ~岡本哲志先生とたどる下町路地歩き~」と同時にお申込みの場合、2講座併せて受講料7,000円でお得です。
※この講座では旧安田邸を見学します。別途入館料500円が必要です。
講 師 岡本哲志先生(都市形成史研究家)
場 所 谷中・千駄木界隈
定 員 15名
募集状況 ○ ※○申込可 ×受付終了

 

講師について

岡本哲志先生岡本哲志

講師は、NHK「ブラタモリ」出演の、都市形成史研究家・岡本哲志先生です。

講座申込み

2017年 江戸東京の変貌 上野の台地・寛永寺を巡る ~岡本哲志先生とたどる下町歩き~

この講座の受付は終了いたしました。

上野の台地・寛永寺を巡る

不忍池を除いて30万坪強あったといわれる寛永寺。寛永寺は、寛永初期に本坊をはじめ寺院の建設がはじまり、元禄期に寛永寺の中心である根本中堂が創建され一応の完成を見ます。寛永寺は、この完成までを1期とすると、元禄11年の大火で境内の一部を焼失して境内を2倍に拡大した2期、上野戦争で中心的な施設が焼失して博覧会の舞台となった3期、そして戦後に博物館、美術館が加わる4期に分けられます。現在の上野公園は、激しく変化しながらも、この4つの期が重なり合って成立しています。
ここでの目玉は、本坊(現東京国立博物館)につくられた小堀遠州作の庭園。他にも江戸時代の名残りが多くあります。

講師はNHK「ブラタモリ」出演の、都市形成史研究科・岡本哲志先生。
上野・寛永寺をめぐり、その成り立ちと変遷を歩いて体感します。

講座詳細

開催日時 2017年4月8日(土)  10:00〜13:00頃
予備日 2017年4月15日(土)※4月8日が悪天候の場合、4月15日(土)に振り替えて実施いたします。
受講料
3,800円
※2017年5月20日(土)開催の「大正の風景へタイムスリップ 谷中と千駄木を巡る ~岡本哲志先生とたどる下町路地歩き~」と同時にお申込みの場合、2講座併せて受講料7,000円でお得です。
講 師 岡本哲志先生(都市形成史研究家)
場 所 上野界隈
定 員 15名
募集状況 × ※○申込可 ×受付終了

 

講師について

岡本哲志先生岡本哲志

講師は、NHK「ブラタモリ」出演の、都市形成史研究家・岡本哲志先生です。

 

2017 〔教室講義〕野菜作りの基礎 作付・施肥・農薬 ~春夏野菜編~

この講座の受付は終了いたしました。

菜園作りの教室講義と畑の準備
畑で実践に励みつつ教室講義で野菜作りの基本を整理しましょう。
これから始める人にも、すでに野菜作りをしている人にも役立つ講座です。
体験農園の草分け・加藤先生の作付や肥培管理を具体例で学びます。
講師は練馬区農業体験農園『緑と農の体験塾』園主で東京農大客員研究員の 加藤義松先生です。

こんな方にオススメ

講座で身につくこと

これから野菜作りを始めたい人。
野菜作りをおさらいしたい人。
作付・施肥・病害虫対策。
土作り、堆肥・肥料の施し方。
気候や自然条件に即した野菜栽培の基本。
春夏野菜栽培の注意点。

〔教室講義〕野菜作りの基礎 作付・施肥・農薬 ~春夏野菜編~

講義について

日時 2017年4月22日(土) 10:00~12:00
場所 三鷹産業プラザ
(JR中央線・総武線 三鷹駅南口より徒歩約7分)
実習形式 栽培実習 教室講義
受講料 2,700円(税込)
講師 加藤 義松(東京農大客員研究員・体験農園『緑と農の体験塾』園主)
定員 25名 募集状況 × ※○申込可 ×受付終了

2017年 ゼロから始める家庭菜園実習

家庭菜園を始めてみたい!という初心者の方も安心の実習講座。

栽培実習

農家の一画に専用の畑を設けた野菜作りの実習講座です。

実習指導は野菜専業農家の井口良男さん。江戸時代から続く農家で、家庭菜園規模の20~30種の野菜を有機農法で教えていただきます。

土作り~ 播種・定植~ 収穫の一連の農作業を実習生が共同で行います。

収穫物は皆さんで分け合ってお持ち帰りいただきます。自分たちで育てた新鮮野菜をたくさん楽しんでください。

吉祥寺にほど近い場所ながら、ケヤキなどの樹木に囲まれた閑静な広い畑での実習になります。
ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

※途中からのご参加も大歓迎です。ご希望の方はご相談ください。

こんな方にオススメ

講座で身につくこと

 野菜作り未経験。
 野菜作りを失敗したことがある。
 農家さんの知識・技術に触れたい。

 土作り、野菜の播種・定植と
 栽培管理、収穫。
 農機具・資材の使い方。

 

実習日時

2017年3月11日(土)~12月23日(土) 第2・第4土曜日
※都合により変更になる場合がございます。
9:30~12:00頃
※収穫時期には臨時の実習日があります。
※天候・畑の状態により実習日を振り替えることがあります。
※夏季は9時開始です。
※終了時間は当日の作業量によって異なります。

実習内容 土作り、野菜の播種・定植と栽培管理、収穫。農機具・資材の使い方など
講 師 井口 良男
圃 場 武蔵野教室:東京都練馬区立野町「井口農園」
実習形式 栽培実習 20~26回 教室講義 2回
受講料
(材料費・
保険料込)

53,000円(税込)(3/11~12/23の実習、教室講義2回含む)
※前期(実習3/11~8/26・教室講義1回)のみの受講も受付いたします。32,000円
※後期(実習9/9~12/23・教室講義1回)は後日の募集になります。

募集人数 15名 募集状況 ○  ※○申込可 ×受付終了

 

★実習のほかに、教室講義「野菜作りの基礎 作付け、施肥、農薬」2回が必修となります。

教室
講義
・4/22(土)「野菜作りの基礎 作付け、施肥、農薬 ~春夏野菜編~」 10:30~
・9/10(日)「野菜作りの基礎 作付け、施肥、農薬 ~秋冬野菜編~」 10:30~

講座申込み

講師紹介

井口良男

井口良男さん

おいしい野菜をたくさん収穫することを目指し、出来栄えの良い野菜は店頭に並ぶ物に引けを取りません。井口さんは江戸時代から続く農家で、代表的な約30種類の野菜栽培の基本を教えて下さいます。

 

武蔵野教室(井口農園)について

井口農園
井口さんは10代続く農家で、キャベツや東京ウドの市場出荷のほか、多種多品目の野菜をJAの直売所やスーパー・学校給食へ納入しています。
近年は、江戸伝統野菜の練馬ダイコンも作付けしています。

「田舎の学校」の実習畑は有機栽培を行い、土作りと施肥・病害虫予防を大切にしています。ケヤキの屋敷林に囲まれた広大な敷地と畑は武蔵野の面影を残し、のびのびと気持ちの良い環境です。

交通アクセス

 JR・京王井の頭線「吉祥寺」駅よりムーバス12分、下車後徒歩3分

 西武新宿線数駅から路線バスあり、下車後徒歩10分

地図アクセス

 

講座申込み

 

2017年 柳原の路地と旧千住宿 ~岡本哲志先生とたどる下町路地歩き~

roji_senjyuttl

この講座の受付は終了しました。

堀切駅から柳原の路地を巡り、北千住の千住宿跡を都市形成史研究家 岡本哲志先生と歩きます。

東武伊勢崎線の線路を渡る歩道橋の上から、こじんまりとした自然河川の旧綾瀬川と人工河川の荒川を一望し、柳原の路地を巡ります。柳原は荒川放水路が通されるまで葛飾区のエリアにあった町です。用水が町の周囲をめぐり、千住駅に近いことから関東大震災後に住宅密集地に変貌。農道がメインの道に、個々の農地内に路地を通し、アメーバ状に宅地化されます。一つ一つの路地は異なる個性を主張します。東京大空襲で一部焼け残ったこともあり、木製の街灯が細い道奥に点在しています。

柳原から商店街の賑わいに誘われ、旧千住宿へ。

千住は柳原と異なり、宿場として発展したことから、街道沿いに短冊状に敷地割りがされており、その敷地に通された路地が敷地の奥に延ばされました。その路地が今も健在です。それらの路地を楽しみましょう。

講師はNHK「ブラタモリ」出演の、都市形成史研究科・岡本哲志先生。
柳原と旧千住宿を歩き、その成り立ちと変遷を歩いて体感します。

講座詳細

開催日時 2017年1月14日(土)  10:00〜13:00頃
受講料
3,800円
※2016年12月3日(土)開催の「浅草路地巡り ~岡本哲志先生とたどる下町路地歩き~」と同時にお申込みの場合、2講座併せて受講料7,000円でお得です。
講 師 岡本哲志先生(都市形成史研究家)
場 所 千住界隈
定 員 各回15名
募集状況 × ※○申込可 受付終了

 

講師について

岡本哲志先生岡本哲志

講師は、NHK「ブラタモリ」出演の、都市形成史研究家・岡本哲志先生です。

 

2016年 名建築を巡る見学会  自由学園明日館・和敬塾本館

※この講座のお申込みは終了しました。
名建築を巡る見学会 自由学園明日館・和敬塾本館

閑静な西池袋と目白台に佇む2つの名建築物をガイドとともに巡ります。

開催日時 2016年12月15日(木) 11時~15時30分 (池袋駅集合10時40分)

※途中1時間ほど休憩時間がございます。

開催地 自由学園明日館(東京都豊島区西池袋2-31-3)
和敬塾本館(東京都文京区目白台1-21-2)
内容 閑静な環境に佇む2つの建物をガイドとともに巡り、名建築を体感します。
受講料
2,000円(消費税込)
※入場料は別になります。
自由学園明日館 400円  和敬塾本館 1,080円
募集人数 10名
※催行最少人数に満たない場合は
中止となることがございます。
申込み
締切日
2016年11月15日
(火)

 

自由学園明日館

自由学園明日館
自由学園明日館(みょうにちかん)は、1921年(大正10)、世界的建築家フランク・ロイド・ライトとその高弟・遠藤新の設計により、自由学園の校舎として建築されました。
ライトの第一期黄金時代の作風に見られる、高さを抑えた、地を這うような佇まいが特徴です。
1997年(平成9)5月、国の重要文化財に指定されました。

交通アクセス

 池袋駅より徒歩8分

地図アクセス

 

和敬塾本館

和敬塾本館
和敬塾本館は、1936年(昭和11)に細川護立公爵の本邸として建設されました。イギリスのチューダー・ゴシック様式を基調とする洋風の外観を持ちながら、内部には和室のしつらえや東洋風の凝ったインテリアも併せ持つ、この時代の特徴をよくあらわす自由な折衷デザインがみられる近代建築です。1956年(昭和31)、育英事業の場にふさわしい環境として旧細川侯爵邸の敷地約7,000坪および本邸を購入した前川喜作は、和敬塾を創設し、本邸を和敬塾本館としました。現在は塾生の知育、徳育の場として活用を進めながら文化財として保存しています。1998年(平成10)3月、東京都より有形文化財に指定されました。

交通アクセス

 JR目白駅よりバス7分

地図アクセス