『都市と環境の講座―江戸東京編―』 の講座案内

1 2 3 4

2015年秋 江戸東京連続講座 歩いて体感する江戸東京の都市空間<江戸の周縁>

江戸の町の地形や町割などを体感しながら歩きましょう。

 

20150607nihonbashi

 

江戸は17世紀末にすでに人口100万都市として機能し、同時代の世界の国々と比較しても美しい都市だったと言われます。東京はこの江戸に基礎をおき造られてきました。

今回は江戸の周縁に成立・発展、現在に残る品川と神楽坂の足取りを辿ります。江戸の町の地形や町割などを体感しながら歩きましょう。
講師はNHK「ブラタモリ」でおなじみの、都市形成史研究科・岡本哲志先生です。

 

●江戸郊外の拡大-3 漁師町<品川> 11月15日(日)
※この講座は受付を終了しました。
品川は中世から港町として繁栄し、古くからの社寺が数多く立地しています。江戸時代に入ると、五街道が整えられ、参勤交代の大名をはじめ多くの人たちが宿場町となった品川を訪れ、賑わいました。
また、品川は百万人を超える巨大都市・江戸の胃袋を支える漁師町でもありました。
関東大震災・東京大空襲では被災を逃れ、樹齢五百年以上の銀杏、寄木神社にある伊豆の長八のこて絵、町並みの所々に建ち続ける明治期の商家などなど、品川を巡れば様々な時代の風景がよみがえります。
古き時代の港町、宿場町、漁師町にタイムスリップしてみましょう。

 

●江戸郊外の拡大-4 花街<神楽坂> 11月29日(日)

神楽坂は、比較的平坦な台地から外濠に向かい下り斜面が続きます。中世には斜面上に牛込城があり、江戸時代に入ると寺社が混在する武家地として開発されました。外濠沿いに河岸湊、寺院の門前に町ができ、神楽坂に生活する人たちが増えていくにつれて花街もできます。明治期には、武家地跡に、様々に路地が巡り、花街として神楽坂が大いに賑わいました。神楽坂の路地は地形や武家地跡の規模など、それぞれに個性的な路地を生みだします。
地形を体感しながら、個性豊かな路地の数々を神楽坂で堪能しましょう。

講座詳細

テーマ 江戸郊外の拡大-3
漁師町<品川>
江戸郊外の拡大-4 花街<神楽坂>
開催日時 2015年11月15日(日)
10:00〜13:00頃
2015年11月29日(日)
10:00〜13:00頃
受講料 - 3,800円
講 師 岡本哲志先生(都市形成史研究家)
場 所 品川界隈 神楽坂界隈
定 員 各回15名
募集状況 × ※○申込可 ×受付終了 ○ ※○申込可 ×受付終了

 

講師について

岡本哲志先生岡本哲志

講師は、NHK「ブラタモリ」でおなじみの、都市形成史研究家・岡本哲志先生です。

 

講座申込み

 

江戸東京講座 日本橋界隈を歩く

この講座は終了しました。2015年秋の講座をお待ちください。

江戸の町の地形や町割などを体感しながら歩きましょう。

20150607nihonbashi

 

日本橋は江戸の資本が集中し、大店が軒を連ねていた場所です。現在も当時から商いを続ける老舗があります。

明暦の大火まで吉原があり、さらに天保12年の大火後に移転するまで芝居町でも賑わいました。

関東大震災、東京大空襲と壊滅的な打撃を受けました。しかし、あちこちに戦前からの風情が残ります。人形町方面ではかつての花街の色香が裏道や路地に漂います。

日本橋橋詰からスタートし、魚河岸・問屋街としてにぎわった日本橋の中心部へ。

繁栄の痕跡を追いながら、日本橋を歩きます。

講座詳細

実施日 2015年6月7日(日) 10時~13時頃※1回のみの開催です。
場所 日本橋界隈
受講料 3,800円
定員 15名 募集状況 × ※○申込可 ×受付終了

 

講師について

岡本哲志先生岡本哲志

講師は、NHK「ブラタモリ」でおなじみの、都市形成史研究家・岡本哲志先生です。

 

 

 

講座申込み

 

江戸東京連続講座「歩いて体感する江戸東京の都市空間」

江戸の成立・発展、現在に残る足跡を辿る。

江戸の町の地形や町割などを体感しながら歩きましょう。

 

edo

 

江戸は17世紀末にすでに人口100万都市として機能し、同時代の世界の国々と比較しても美しい都市だったといわれます。東京はこの江戸に基礎をおき造られてきました。東京都区内を歩いていると、あちこちに江戸の名残があります。

しかし、家康が江戸に入り、城のまわりに武士や町人を呼び入れた当初はまだ人口3,40万でした。それがだんだんと拡張し、江戸湾が埋め立てられ大都市へと変貌をとげていきました。

この講座は終了しました。2015年秋の講座をお待ちください。

講師について

岡本哲志先生岡本哲志

講師は、NHK「ブラタモリ」でおなじみの、都市形成史研究家・岡本哲志先生です。

 

講座詳細

実習期間 全4回:2015年3月8日~5月17日
場所 お申し込み後にお知らせいたします。
受講料 15,000円
定員 15名 募集状況 × ※○申込可 ×受付終了

 

講座申込み

参加のお申し込み

講座受講のお申し込み、お問い合わせは下記フォームよりお願いします。

各項目のご入力が終わりましたら入力内容の確認ボタンを押してください。

お問い合わせ内容の確認後、担当者よりご連絡させていただきます。


お名前
必須
メールアドレス
必須
電話番号
必須
ご住所
必須
ご質問など
任意

2014岡本先生と歩く「浦安・板橋宿」

現在の私たちの生活する都市・街並みや建築といった空間が、どのようなプロセスを経て形成されてきたか、その変容を歩きながら探索します。

2007年秋から続く岡本哲志先生の人気講座です。今回は江戸時代漁師の町だった浦安と、中山道の宿場町・板橋宿の2コースを巡ります。


第1回:浦安

浦安は江戸時代の漁師町の一つ。江戸川河口付近の堺川両岸の微高地に集落を形成しました。集落の東西の教会には清流神社と豊受神社が位置しています。境川を結ぶように細かく路地が通されました。路地には井戸もあり、今も古い建物が残っています。集落の外れには弁財天が置かれ、その周囲にはかつて色町だった残り香を漂わせています。

講師:
岡本哲志(法政大学デザイン工学部建築学科教授)
日時:
11/16(日) 10:00~13:00頃
場所:
東京メトロ東西線浦安駅改札 集合
受講費:
7,000円(2回)、3,800円(1回のみ)
定員:
15名

第2回:板橋宿

巨大ターミナル駅・池袋から、古道を巡り板橋宿へ。まず、池袋の発祥を探索します。池袋村は穏やかな台地とその両側に立置する谷戸からなっています。この高低差を足裏で感じながら板橋宿へ向かいます。板橋宿は江戸に近いほうから、平尾宿・仲宿・上宿で構成される。過去すぐ北側には加賀藩前田家の高大な下屋敷が広がり、その庭園の築山が公園内に残されているので、時間が許せば寄り道も。宿屋のシンボル、本陣は明治期に消失してないが、どことなくレトロな商店街を進み、板橋発祥の場所へ。当然当時の橋ではないですが、今も石神井川に橋が架けられています。

講師:
岡本哲志(法政大学デザイン工学部建築学科教授)
日時:
11/30(日) 10:00~13:00頃
場所:
元池袋史跡公園(池袋西口)
受講費:
7,000円(2回)、3,800円(1回のみ)
定員:
15名

2014岡本哲志先生と巡る江戸東京の運河

fune

江戸市内を縦横に流れ、人とものとを運んだ運河。その後埋め立てられて無残な景色になりましたが、ここ数年いくつかの運河を船で巡ることができるようになりました。

今回は今まで進行してきた運河・川下りを広げて、さらに日本橋川、大横川、小名木川を含む7つの川を巡る2時間半のコースです。扇橋閘門をくぐり、スカイツリーを間近に眺めます。岡本先生の江戸形成・都市形成史の話を聞きながら東京の眺めを通して、今の都市東京の魅力や疑問を感じ取るワクワク講座です。

※ご好評につき、満員御礼となりました

日程:
9月27日(土) 10:00~13:00
内容:
※潮位などでコースが変更になる可能性があります
日本橋船着場→神田川→隅田川→小名木川→横十間川(折り返し)→大横川→亀島川→日本橋川→下船・解散
場所:
日本橋船着場(東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅徒歩1分)
交通:
銀座線・半蔵門線「三越前」駅B6出口 徒歩1分、銀座線・東西線「日本橋」駅B12出口 徒歩2分
講師:
岡本哲志(法政大学デザイン工学部建築学科教授)
受講料:
5000円
定員:
50名(最低催行人数:30名)

2013東京の近代建築とレンガ~東京駅と丸の内・早稲田界隈を歩く

日程: 5/19、6/2 日曜日 全2回 10:00~13:00頃
講師:岡本哲志(法政大学デザイン工学部建築学科特任教授)
受講料:7、000円(会員)  8、000円(非会員)
    1回3,800円(会員) 同4,300円(非会員)
定員:15名

①5/19「丸の内と東京駅」~丸の内から東京駅に迫る
コース:東京駅丸の内北口・地下の動輪の広場→行幸道路→内濠→馬場先御門→明治生命館→馬場先通り→三菱一号館→丸ビル→東京中央郵便局(旧局長室)→東京駅(ステーションギャラリー見学)

② 6/2「早稲田界隈」~名建築と庭園を堪能
コース:鳩山会館→関口台公園→東京カテドラル→永青文庫→芭蕉庵→新江戸川公園→演劇博物館→穴八幡神社→早稲田奉仕園スコット・ホール(外からの見学)

 2007年秋から始まった岡本先生の江戸東京講座。今回は、丸の内と早稲田周辺を、レンガ建築を切り口に巡ります。
「近代建築は文明開化とともに東京の風景を新しく彩りレンガはその象徴だった。銀座煉瓦街、丸の内の一丁倫敦。建築がコンクリートと鉄の時代に入った大正期、辰野金吾の東京駅、ジョサイア・コンドルの古河邸(*)、そしてウォーリズのスコット・ホールが完成する。レンガでしか語れない建築が現在も同じ場所にある。この度はレンガと近代をキーワードにして、丸の内と早稲田を歩く」
*古河邸は今回のコースに含まれません。 

スコットホール

1921年完成のスコットホール

東京駅

復原・東京駅

*終了しました

 

2012岡本哲志先生と歩く「宿場と用水の町・日野と港町・真鶴」

日程: 11/11、25 日曜日 全2回 10:00~13:00頃
講師:岡本哲志(都市形成史研究家・工学博士)
受講料:7、000円(会員)  8、000円(非会員)
    1回3,800円(会員) 同4,300円(非会員)
定員:20名

①11/11「甲州街道・日野宿と日野用水」
コース:JR中央線「日野」駅→日野用水上堰→よそう森公園→水車堀公園→日野用水下堰→欣浄寺→甲州街道・日野宿本陣→八坂神社→日野駅

 6月に続き、2回目の日野。前回は西南部の浅川周辺をあるきましたが、今回は北西部・甲州街道「日野宿」と、多摩川から取水された二つの用水(日野用水上堰・下堰)の周辺を巡ります。 
 江戸初期、五街道が整備されると、甲州街道5番目の宿場町・日野宿は農村の拠点として、また江戸への入口として賑わいました。都内で唯一の江戸期に建てられた本陣が残ります。日野はまた、多摩川と浅川にはさまれ、「多摩の米蔵」と称されるほどの穀倉地帯でした。現在も百数十kmに及ぶ用水が縦横に巡っています。田園と都市が混在した風景の中、合流と分岐を繰り返す用水沿いを歩きます。

② 11/25「中世の原風景が残る港町・真鶴」
コース:JR東海道線「真鶴」駅→背戸道→愛宕神社→貴船神社→真鶴港→津島神社→日和山→自泉院→発心寺→コミュニティ真鶴→真鶴駅

 真鶴は現在まで大きな都市改変に巻き込まれていない、全国でも稀な港町。すり鉢状の窪地に町が形成され、地中海の斜面都市を思わせます。駅前をスタートし、「背戸道」と呼ばれる崖沿いの小道を歩きます。背戸道は斜面の稜線に沿って走り、民家と民家の間を縫う細い路地。合間あいまに眼下の真鶴の町と港を見晴らしながら、貴船神社へ。神社の急な石段を降りると、真鶴港に出ます。要所に井戸と祠のある中世の古道を歩き、古い漁村集落の構造を体験。日和山から素晴らしい眺めを堪能した後、まちづくり条例「美の基準」のもとに建てられた公民館を見学します。

日野・素掘り用水

日野・よそう森公園の素掘り用水

真鶴

真鶴の街

真鶴・背戸道

真鶴の背戸道

2012舟で巡る江戸の運河~日本橋川・神田川

 江戸の町は運河が縦横に巡る「水の都」でした。現在の神田川と日本橋川のほとんどは、江戸初期に作られた人工の河川です。チャーター船に乗って町を眺めながら、江戸から東京へと続く町の歴史、生活と川の関わり、環境への影響などお聞きします。秋葉原~お茶の水(写真は聖橋)~飯田橋~日本橋と、おなじみの町がいつもと違う表情を見せてくれるでしょう。

日時:6/30(土) 9:30~14:00頃
集合:中央区勝どき「勝どきマリーナ」
交通:都営地下鉄大江戸線「勝どき」駅より徒歩約10分
案内:NPO法人「あそんで学ぶ環境と科学倶楽部」
参加費:5、000円 (会員) 6000円(非会員)
定員:10名
江戸東京船巡り