講座レポート

1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

NO.36世田谷の水と緑を歩く

国分寺崖線を巡って~2.
(9/23 世田谷区等々力~上野毛~二子玉川~瀬田・岡本地区)
  国分寺崖線(通称ハケ)を歩くシリーズ第2回は、崖線の東南端に当るエリアを歩く。ガイドは前回に続き、世田谷トラスト協会の小出仁志さんにお願いする。
   コースは、等々力渓谷(23区唯一の渓谷)からスタートして、野毛大塚古墳(南関東最大規模の前方後円墳)~六所神社~善養寺~上野毛自然公園~多摩川べりで昼食~行善寺坂~慈眼寺坂~多摩川テラス(木々と建物の調和が美しい。武家屋敷門が残る)~瀬田4丁目広場(旧小坂邸)~岡本静嘉堂~岡本民家園と、もりだくさん。アップダウンも激しい。
   前回同様、一番の感激は、23区内の住宅地にこんな自然が残っているのか!ということに尽きる。また、普段ぼんやりと眺めているだけの林も、世田谷の自然と道を知り尽くしている小出さんのお話を聞きながら回ると、全く違ったものに見えてくる。
   ハケからの眺望や雑木林の自然を生かして、明治から昭和初期にかけてこの辺りに政財界人や芸術家などの別邸がたくさん建てられた。そんな屋敷のひとつが、旧小坂邸。今は、瀬田4丁目広場として、世田谷トラスト協会が保存している。広大な斜面地の雑木林には、湧き水も出ている。もうひとつ有名なのが「静嘉堂文庫」。三菱財閥の岩崎家が、収集した膨大な美術品や書画骨とう品を保管するために建てた。敷地内を谷戸川が流れ、珍しい草木もたくさん残っている。すぐ下の岡本民家園、岡本八幡神社にも、陸に生息する巻貝や四角い竹(四方竹)など貴重な自然がいっぱい。たっぷり6時間歩いて、充実感いっぱいで解散した。

  等々力渓谷。上界より気温が2度低い

  多摩川べりで。小出さん(左)と受講生たち

  ケヤキの防風林が残る瀬田の住宅地

  岩崎家の霊廟

NO.35カヌー&ダッチオーブン

漕いで、食べて!思う存分楽しんだ一日。
(8/31 神奈川県 相模川昭和橋周辺)
  今年の夏は本当に暑い日が続くが、快晴に恵まれた川原は思ったより涼しく水面から吹いてくる風が気持ち良い。まずは石を丸く並べてカマドの用意。側では、薪を割りる人、カヌーを車から降ろし川に運ぶ人。指導の伊原嘉昭さんから、「とにかく乗ってみること。自分の身は自分で守ること。必ず救命具をつけること」など、諸注意を聞き、早速カヤックに乗る。ひっくりかえる人も出るが、膝くらいの水位なので子どもでも安心。初心者でもすぐに楽しめ、魚を狙って降りてくるトビや白鷺と一緒のセーリング
  川原ではダッチオーブンに野菜と鶏の煮込みやスープが仕込まれ、川から上がってきてはそれらを覗き、鍋の使い方、火加減などを聞く。参加者がお互いに慣れた頃には、インディアンカヌーで相乗りしたり、楽しく食事をしたり。これぞアウトドアの醍醐味!夏の終わりを存分に楽しんで、解散。

NO.34農園の木の実でジャム作り

ラズベリーとブルーベリージャム
(2002年8/24 川崎市片平 片平楽農倶楽部)
  片平楽農倶楽部で栽培しているラズベリーとブルーベリーは、
「田舎の学校」の受講生も管理などの指導を受けている。それらの実を初夏から実った順に採り、冷凍庫で保存。無農薬の実を解凍して、ジャム作りに使う。講師は楽農倶楽部の会員で、果実の効能などを聞きながら作る。
  甘酸っぱい清々しい匂いが部屋全体に流れ始め、1時間ほどで出来上がり。消毒したビンに詰めて、それぞれ1本ずつ持ち帰った。


NO.33そば栽培とそば打ち

畑で種まき→そば打ち練習
(8/24 群馬県新治村)
  新治でのそば栽培も2年目。昨年は、たねまきの日に雨が降ってたねが流されてしまうという受難があったが、今年は天気も上々だ。畑の面積も一反部と昨年より広い。よって、手撒きではなく”たねまきゴンベエ”という農機具の手を借りることとなった。畑の両端からガイド用の紐を張る。紐に沿ってゴンベエ君を押していくと、自動的にたねが撒かれるというしくみ。今回撒くのは、「しなの1号」という品種だ。15人で交代して撒き終わった後は、鳥除け用の光る紐を畑の上にわたらせて、終了。あっという間に終わってしまった。
  「こ雲台」に戻ってから、昼食用のそば打ちにかかる。全くの初心者も腕に覚えのある人も混じって、かわるがわるこねたり、のしたり。初めての”合作そば”は、完成度こそ低いが、格別な味わい(?)となったよう。大丈夫、あと2回ある!
  練習用にそば粉や自家栽培用のたねを買っていく人もいて、初回から気合い充分の受講生たちだった。次回は、早くもそばの刈入れ。どうか、順調に育ってくれますように!

本多さん(中央)の指導のもと、ゴンベエ君(手前)でたねまき

麺の太さを揃えるのも大変

NO.32畑でクッキング!

(2002年 7/4イタリアン、7/14タイ料理 三鷹市星野農園)
材料は畑から調達! 夏野菜たっぷりの、青空料理教室

  都内でも有数の野菜農家、三鷹の星野農園。その名も「星野さんちのナス」で知られるブランド・ナスの生産農家である。今回の料理教室は、その「星野さんちのナス」や旬の野菜を畑から収穫し、すぐさま農園の中にある厨房施設や屋敷林の木陰で料理しようというもの。実に贅沢な趣向だ。 ものめずらしさもあってか、応募が殺到。急遽定員を増やしたものの、お断りしなければならなかった方々には、あらためてお詫び申し上げます。

  さて、まず最初はイタリアン。星野さんが、広大な畑を案内してくれる。梅雨の晴れ間の暑い日だったが、大きな屋敷林の木陰は風が渡り、思いのほか涼しい。イタリア系アメリカ人に嫁いだマンカレラ千恵子さんが、イタリア家庭料理の数々を披露してくれる。どれもこれも、気取らない、愛情のこもったイタリア版おふくろの味ばかりだ。

  先生から、ハーブを使った自家製スパイスや、ハーブオイル、ドレッシングの作り方、使い方を聞いた後、調理開始。バーベキューコンロでチキンを焼く人、ビニールハウスのキッチンでジャガイモを炒める人、サラダ用野菜を刻む人、みんなで分担し、ワイワイとことが運んでいく。できた順から、セルフサービスで料理をとりわけ、次々に試食。最後は、先生自慢の冷たい赤シソのゼリーをいただき、お開きとなった。
  10日後にはタイ料理教室。こちらのレシピも,サラダに炒め物にと、野菜たっぷり。連続して参加した人にとっては、同じ野菜が全く違った味わいで楽しめたことだろう。大鍋にどっさり煮込んだグリーン・カレーもおかわり続出で、きれいさっぱりたいらげた。暑いのと辛いのとで汗だくになりながらも、みんなの顔がほころんでいる。取り立て野菜の味に感動して、帰りにトウモロコシやトマト、ナスを買い込んでいく人も。
  大好評にお応えして、秋~冬にも「畑でクッキング」第2弾を計画しています★写真上から
農園を案内してくれる星野さん/マンカレラ千恵子さん(中央)を囲んで/
ナス畑で材料調達/ソーセージ作りに夢中!

NO.31ラベンダー摘みとホタル鑑賞

(2002年6/29-30 群馬県新治村)
ラベンダーをどっさり摘んで、リース作り三昧。夜は田んぼにゆらめくホタルの光と遊ぶ

  ラベンダーとカモミール、エゴノキの実で作ったリース   今年も群馬県新治村のラベンダー畑にやってきた。この畑には色が美しくリースなどに向いているもの、香りが高いもの、オイルがよく取れるものなど4種類のラベンダーが植わっている。
  竹細工班は竹屋さんの作業場へ、ラベンダー班は畑で早速、作業に入る。バンドル(スティック)はラベンダーを編みこんでいくので、香りの高いラバンディン系が向いている。リースには、周辺の林や道端に豊富にある枝や蔓を取ってきて、土台に利用。三鷹のハーブ講座でおなじみの高須しのぶ先生の指導のもと、ラベンダーや野草を思い思いにあしらっていく。お昼ごはんもラベンダー畑の中で。みんな、時間を忘れて夢中で作り続け、摘み続ける。美味しい空気と美しい景観、そして香りに包まれてとても幸せな気分。
  夕方からは、竹細工班と合流して、町営温泉「遊人館」で汗を流し、手打ちうどんと郷土料理の夕食。8時をまわった頃、お待ちかねホタル鑑賞に出かける。宿舎の「こ雲台」を出てすぐの田んぼと用水路にたくさんの光を見る。フワーと飛んできて、手元に不思議な感覚。ホタルを見るのは初めての人ばかり、歓声と静寂とが辺りを包む。自分たちの作品をたくさん抱え、充実した講座でした。

  ラベンダのーリースと、野草のブーケ。中央はバンドル。昔イギリスでは防虫剤にした

NO.30世田谷の水と緑を歩く~国分寺崖線を巡って~

(2002年6/9 東京都世田谷区成城・喜多見地区)

  梅雨の合間の暑い日。世田谷トラスト協会の小出仁志さんの案内で、成城駅をスタート。邸宅街を7~8分も歩くと急な下り坂が現れる。この崖地こそが、通称”ハケ”と呼ばれる「国分寺崖線」。多摩川の流れが武蔵野台地を削ってできた、立川から世田谷の等々力渓谷まで25km続く、高低差15~20mの河岸段丘の斜面林だ。ハケは、湧き水、雑木林、野鳥や水棲動物、珍しい草花の宝庫
  今回のコースは成城3丁目なかんだの坂市民緑地~お茶屋坂~元林野庁官舎裏の湧水地~大蔵3丁目公園(区内最大の湧水量、イチリンソウの群生地)~大蔵運動公園(ムクロジの林。サワガニがたくさん生息)~野川(ハケの湧水を起源とする川)~次太夫堀公園~喜多見不動(崖線の湧水と井戸水を使った滝)~成城4丁目神明の森みつ池特別保護区(ゲンジボタルの自生地)~入間町樹林地(キンラン、ギンランなど都会では貴重な植物が自生)~成城5丁目猪股庭園と、もりだくさん。その場その場でじっくり解説していただきながら、5~6時間かけて、歩いた。
  湧き水の豊富な水量と清冽さ、雑木林の豊かな植生に感嘆する。大蔵、喜多見の町には広々とした畑が点在し、農家の庭先販売も珍しくない。向こうから一輪車にタマネギをどっさり乗せたおじいさんがやってくる。雑木林の木々の匂い、通り抜けていく風のやさしさ、崖線の上からは6月には珍しい富士山の眺め。ここが東京23区内で、住宅街の一角とは信じられない。一同、ムクロジの実を拾ったり、湧き水に手を浸したり、直販所で取立て野菜を買ったりと、強烈な日差しにもめげず、元気いっぱい。
  お昼は次太夫堀公園で。古民家を移築し、江戸時代の世田谷の風景を再現している。
  締めくくりには、成城5丁目の「猪股邸」を見学する。建築家吉田五十八氏が晩年設計した武家屋敷風数奇屋造りの住宅だ。開け放たれた居間から、純和風庭園を眺める至福のひと時。さわやかな風と、眼前に広がる柔らかな苔の緑(関東には珍しいスギゴケ)に、疲れも吹き飛ぶ。
  今日一日で、都会の貴重な自然、野生の姿をたっぷり堪能することができた。こんな場所は希少だが、だからこそ、大切に守っていかなければならない。困難の中の、世田谷トラスト協会と住民の保存活動には、心から感心させられた。
写真上から
大蔵運動公園にて/元林野庁官舎裏の湧き水/喜多見の庭先野菜販売/喜多見側から見た崖線の風景
○なお、9月23日(月・祝)に、「ハケを歩く」の第2弾として、二子玉川~岡本民家園周辺の散策を行います。

NO.29山菜採りと湧水巡り

(2002年5/18~19 長野県原村)
  集合はいつもの通り木下みわさんの工房。雨が小降りになるのを待って、白樺湖のスキー場まで車で登る。1000mは登るので、季節は一気に春から早春へ戻り、小雨に煙る芽吹きが何とも美しい。
  まず、タラノメとゼンマイ。斜面を登りながらトトキ(ツリガネニンジン)などを摘む。雨もあがり、場所を変えてタラノメ、ワラビ、ゼンマイ、コゴミ、ウド、ヤマブドウの若葉などを摘んで工房に戻る。
  鍋に湯を沸かして、トトキなどの若芽をしゃぶしゃぶにして食べる。あくがなく甘味があり、微妙な違いを楽しむ。  翌朝は晴れ。まだまだ冷たい湧水をくみ、山スズランを分け入りミズゴケが自生している柳川の支流に連れて行ってもらう。別世界に踏み込んだ不思議な思いをする。
  工房に戻り、タラノメなどをてんぷらにして昼食。収穫物の処理を木下さん指導のもと行なう。いつもながら木下さんの健脚と植物の知識、どこに何が生えているかの土地勘に感心するばかり。また、小学5年生のKさんはみごとに大人と同じ行程、食べ物をこなし素晴らしい!賢く可愛い新会員のこれからが楽しみだ。

  7種類ほどの山菜を収穫

  せせらぎの水はまだまだ冷たい

講座レポート

1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14