講座レポート

1 7 8 9 10 11 12 13 14

NO.20果樹剪定実習

(2002年1/18 神奈川県厚木市小町緑地/指導:東京農業大学講師 宮田正信先生)
  12月の教室講義を受けて、今日はいよいよ果樹剪定の実習だ。厚木市の管理する果樹園の手入れに、ボランティアの形で入っての実習ということで、朝9時半、現場の小町緑地には市の関係者、農大の学生、当校の受講生ら数十名が集まった。まずは宮田先生から、本日のスケジュールの説明がざっとあり、その後早速、剪定の実技見本が披露された。見栄えよく刈り込む植木剪定と違って、果樹の剪定はあくまでおいしい実をたくさん収穫するためのもの。どんな枝をどのように切るか、どの枝を残せばいいか。しばらく放置されてぼうぼうになっていた柿の木を題材に、先生得意の冗談を交えながらの指示が、樹上の助手の人に次々と飛ぶ。柿の木が、みるみるうちにすっきりと風通しよく変わっていく。
  続いて、実習。各自、のこぎりと剪定バサミを渡され、腰紐でぶら下げる。ここ小町緑地の傾斜地に広がる「果実の森」には、約30種もの果樹が植えられている。午前中は、柿の木班、ナツメ・ザクロ班に分かれ、落葉果樹の実習。お昼をはさんで午後からは、カンキツ類の剪定。葉が落ちて枝組みが露になった落葉果樹と違って、うっそうと葉の茂ったカンキツ類は
樹形が見えにくい。とにかく、木の中の方まで日当りをよくすること、下側の枝を生かすために、上の方の邪魔な枝を見極めること、これが基本中の基本。はじめはおっかなびっくりではさみを入れていた受講生たちも、宮田先生の「切り過ぎたって、木は死にませんから」の言葉にほっとしたのか、勢いづいたように刈り込み始めた。ジョキンというはさみの音、のこで切る手ごたえも快感、さっぱり、すっきり変わっていく木を見るのも気分爽快!カラタチの台木でミカンの接木苗を作る方法も、お聞きした。みんな口々にぜひまたやりたい!と言い残して、帰途に着いた。
 木登りもお手のもの
 宮田先生を囲む受講生と学生たち

NO.19里山の講座

~武蔵野の農の風景~
(11/24教室講義、12/8三富新田見学)
 農民によって作られてきた武蔵野の里山の風景。江戸時代、水田開発が限界にきたときに畑の開墾が始まった。今回訪れた埼玉県の三富新田もそのうちのひとつで、柳沢吉保が開墾させた広大な畑である。
  1区画、幅40間(1間180cm)、長さ375間中央に屋敷から始まる1本の道が畑を通り、雑木林へと続く。上富小学校の屋上から全体を眺め、その整然とした畑に歓声を上げる。ここは、サツマイモの産地としても風名である。
  屋敷林は、風や家事から守る防風林の役目だけでなく、結婚など家に物入りの時に伐採して売った。雑木林の落ち葉は堆肥として、間伐材は炭として、農カの生活には欠かせないもので、循環型社会の原型を見ることができる。
  教室講義で聴いた話を実際目で確かめ、講師の松本先生の博識と巧みな話し振りに引き込まれ、時間があっという間に過ぎてゆく。手入れのされた美しい雑木林の中で、落ち葉の上に腰を下ろし、お弁当タイム。葉の下にはドングリなど、春の準備が始まっていた。小春日和の充実した一日だった。

農家1軒分が約72m×700mの、細長く広大な区画。奥に雑木林が控える。

まっすぐに伸びる農道

雑木林を歩く松本先生(右)と受講生たち

NO.18家庭菜園実習

(2001年12/8 東京都小平市高橋農園)
  年内最終日の農作業は、お楽しみ収穫dayとなった。後期講座初日、10月6日に自分たちで種を蒔いたホウレンソウをこわごわしながらカマで刈り取り初収穫袋詰するのも初心者にはなかなか難しいのだが、高橋実お父さんの手にかかると目も鮮やかに袋に収まったホウレンソウは、薄紅色の株元がきちんと揃って美しい!!年季が違う。  次はハウス栽培のカリフラワーと早生種のハクサイの収穫と続いた。その他、ブロッコリー、長ねぎ、ダイコン、キャベツなど冬野菜が真っ盛りで、縦長の高橋圃場は今、緑のグラデーションが見事だ。さらに、葉ボタンやパンジーの苗が明るい色合いを添えている。
  私たちがのんびりと収穫の喜びに浸っているとき、収穫されたほとんどの野菜を庭先販売している売り場では、浩幸さんの奥様が途絶えることのないお客さんの応対にてんてこ舞いだった。

10/20のイチゴの定植風景

イチゴの収穫は来年5月ごろ

NO.17豆・豆講座

(2001年11/18 長野県原村)
最終回は、手作り豆腐に挑戦!
  冬の訪れが早い八ヶ岳山麓、原村の講座は今日が歳収め。春から栽培してきた大豆を使って手作り豆腐に挑戦するのがメインテーマだが、やはり自家栽培した小豆を使った羊羹作りのおまけ付きという美味しい講座だ。
  指導は、お馴染み木下みわさんと八ヶ岳在住2年の愛弟子荒野さん。いずれ劣らぬ食いしん坊の生徒の面々は、一つも見逃さぬよう真剣なまなざしで臨んだ。
 豆は乳黄色の大豆に淡緑のひたし豆と紫黒の黒大豆、と3色の彩りが美しい。まず、一晩水に漬けておいた大豆をミキサーにかけ呉を作る。この呉をぐらぐら煮立ったお湯にお玉で1玉ずつ浮かべていき、弱火で煮る。豆腐らしいかおりが出てきたところが煮えどころで、このアツアツを布袋に入れて絞り出す作業が一つの山。二人ががり三人がかり?で呼吸を合わせながらすばやく絞り上げるのが肝心だ。ご家庭ではビニール袋をはめて、くれぐれもやけどにはご用心!
  さて、こうしてできたのが豆乳とおからかと妙に感心しながら次の作業に移る。温め直した豆乳をお玉で混ぜて渦巻きを作った中に、にがりを逆周りで回し入れていく。20~30分ねかしてから豆腐箱に入れ軽く重石をして待つこと再び20~30分。ようやく豆腐の完成。2カップの大豆からできた貴重な2丁分の豆腐を目の前にして、それにしても豆腐作りは手間ひまかかる、を実感した。お腹もちょうど空いてきたところで、みわ工房前広場の焚き火を囲んでいよいよ昼食会が始まった。できたてのなめらか豆腐におからの炒り煮、地元のお仲間が作ってくださったお惣菜も美味しく、薄っすら白く雪を頂いた八ヶ岳を背景に、幸福感を味わいながら笑いとおしゃべりあふれる食事は続いた。

  黒豆、ひたし豆の豆腐は珍しい

  熱いので注意!

  宴たけなわ

NO.16竹で籠を編む―竹細工の講座―

(2001年11/10~11 群馬県新治村)
悪戦苦闘の末、四つ目編みの籠を完成!
  新治村には職人がたくさんいるが、竹細工の本多幸次さんもその一人。自宅脇の体育館のような作業倉庫には、10mはありそうな竹が束になって積まれている。倉庫の片隅にゴザと座布団を敷き、座り込んでの作業となる。
  まずは、竹割から。みんなの持ってきた鉈(なた)を一本一本チェック。「こりゃあ、みんな切れすぎる。」というやいなや、自分の鉈の背で刃をゴシゴシとしごき、つぶし始めた。 新品の鉈の刃をつぶされ、みんなあっけに取られていると、「刃が切れすぎると、竹が割れないんだよ」という。
  鉈の刃を竹の切り口にくい込ませ、一本の竹を二つに割り、四つに割り、さらに細く割って、竹籠のひごを作っていく。パン、パン、と割れる竹のすがすがしい音、ミシミシっと裂ける音が、リズミカルに響く。無駄な動きのない美しい手さばきに、一同しばし見とれてしまう。続いて挑戦してみるも、「まあ、ひご作り6年だな」のことば通り、受講生はみな初めての鉈使いに四苦八苦。竹が途中で裂けたり、厚みが不均等だったり。練習に何本か試して、実際の籠用のひごは本多さんに作ってもらった。
  今回作るのは、竹編みの基本、”四つ目編み”の籠。組んだ竹を足で押さえ、組み立てていく。一日目は底の部分まで編んで終了。すっかり冷え切った身体を奥平温泉「遊神館」で温め、その日の泊まりは「こ雲台」
  翌日は、本多さんが「こ雲台」へ出向いてきて下さり、古民家での竹籠作りとなる。残りの部分を編み上げ、難しい縁の始末を習う。ちょっとゆがんでいたり、すわりが悪かったりはあるが、初めての作品としては上々!とみな満足気。次回12月9日は、もうひとつ難しい六角編みの籠を作る予定ひご作りの練習用に竹をもらっていく人もいて、意欲満々な受講生たちだった。

 先生の手元を熱心に見つめる

  出来上がった作品を手に

NO.15家庭菜園実習

(2001年10/20、11/3 三鷹市石井農園)
大賞を二つも取った石井農園の野菜。収穫作業も心が弾む!
  夏に種をまいた秋野菜も成長し、収穫の時期になった。三鷹のカリフラワーとブロッコリーは大田市場でも高値がつく特選品。前回10月20日には、カリフラワーに太陽が当らないようまわりの葉をかぶせる作業を行った。光合成で黄色にならないように、ひとつひとつ丁寧に包んでいく。これは本当に手間がかかります!!ブロッコリーはどこでも作るようになったが、カリフラワーはこの手間と市場の人気が落ちたせいで、栽培農家が減ってしまったそうだ。この日は他に、ストックの花の脇芽かきも行った。11月3日はそのカリフラワーの収穫と、キャベツの箱詰め作業。なんと、石井さん親子はこの秋の明治神宮の農業祭で、ブロッコリーが東京都知事賞、カリフラワーは関東農政局長賞をもらったのですよ!!その見事な野菜たちをお土産にいただきました。

石井さんのお父さん。自慢のカリフラワーを手に

NO.14そばの講座、脱穀の日

(2001年11/3、群馬県新治村)
脱穀して選別。午後からはそば打ち練習
  作業場は、こ雲台から木々の紅葉のを浴びて車を5分ほど走らせた野中おばさんの畑だ。先月の8日に刈り取りして軒下の干しておいたそばを、ござに並べて準備完了。まず、木槌や振り棒でそばの穂先を叩いて実を落とすのだが、あいにくの曇天で湿気が多く、思うようにいかず、結局手でこそげ落とすことにした。車座になって四方山話をしながら、昔の野良作業気分を味わった。
  荒落としした実は、竹どおしという年代もののざるで大きな枝や葉を取り除いた。最後が”唐箕選(とうみせん)”だ。唐箕ってなに? 納屋から出てきたのは長方形の木の箱。恐る恐る取っ手を回すと不思議ふしぎ、左右に実が分別されて、葉やゴミは吹出し口から飛んでいくのだ。先人の暮らしの知恵を目の当たりにして感嘆するばかりの私たちに、「どこの農家にもあった欠かせない道具さ」と、野中さん。その野中さん自身が、知恵袋のようだと、できたばかりの玄そばを手に取りながら、思った。
  午後からはこ雲台に移り、3回目のそば打ち実習。こねるのはだいぶ慣れたが、のすのはまだまだむずかしい!本多さんに手伝ってもらって、何とか完成させた。お昼はそのおそばと本多さんが作ってくれたそばがき、受講生が差し入れてくれたお手製ケーキをいただき、解散となった。

そばの刈り取り

土塀に立てかけ、乾燥させる

手ほぐしで脱穀

唐箕で選別

NO.13野草を摘んでリース作り

(2001年10/27 長野県原村)
山の幸、野の幸をふんだんに使って、リース作り
 「ドライフラワーと野草摘み」講座の最終回は、いよいよリース作り。まずは初日。午前中、野ばらが群生しているポイントへ行って、赤いバラの実をどっさり取ってくる。トゲに悩まされながらも、夢中で取る。大きな籠数個分も集めて、撤収!午後は立場川上流の林へ出かけて、蔓の採集。そこら中にぶらさがったり、木に絡んでいる山ブドウや山フジを、ひっぱったり、のこぎりで切ったりしながら取る。どれもこれも太くてしぶとい蔓ばかりで、格闘だ。輪に巻き込んだ蔓を両手にずっしり抱えて、その日の泊まりはおなじみのいいずみペンション
  翌日は、朝からみわさんの工房に集まって、じっくりとリース作りに取り組む。午前中は、縄と水苔でリース台を作り、その上に昨日取ってきたバラの実や山野草、松ぼっくりなどを飾り付けたものをひとつ。午後は、蔓を台にしたもので、みわさん所有のドライフラワーや山野草で、二つ目のリースを作る。他に、山フジの籠の作り方をみわさんに習う人もいた。自分で取ってきた材料、野山の材料で作った、オリジナルのリース。喜びもひとしおだ。

材料を探して山歩き

蔓取りに夢中

リースの土台の藁を編む

受講生松本浩子さんの作品

講座レポート

1 7 8 9 10 11 12 13 14