講座レポート

1 9 10 11 12 13 14

NO.4ドライフラワーと野草摘み

(2001年7/1 長野県原村)
初夏の蓼科高原は、可憐な野の花がいっぱい!
  昨年も人気が高かったこの講座、その魅力のひとつは、木下みわさんと巡る山歩きにある。地元の原村を中心に、八ケ岳、蓼科近辺の山と、そこに育つ野草や山菜、きのこを知り尽くしているみわさん。そんなみわさんと歩けば、なにげない道端の草や花にも名があり、食べたり薬になったりすることがわかり、野や山が今までとは全く違ったものに見えてくるから不思議だ。
  さて、今日はどこに行くのだろう。それも、みわさん次第。季節と天気をみて、あそこならあの花が見ごろなはず、と当たりをつけるのだ。「今日は、八子ヶ峰の方へ行こう」。行き先決定。2台の車に分乗し、出発。初夏の蓼科高原を北上。天気も上々、青空と緑の山々がすがすがしい。  お昼は八子ヶ峰の麓で。木陰に陣取り、お弁当を広げる。冬はスキー場になる山の斜面を上がっていくと、まだ山ウドがたくさん残っている。「豚汁に入れるとおいしいよ」と、みわさん。花もいろいろ咲いていた。籠や素焼きの花瓶に挿したら似合いそうな、可憐で素朴な野草たちだ。両手いっぱいに野草や山菜を抱え、みわさんの工房に帰る。途中、みわさんの花畑を見学。千日紅や二ゲラ、ラムズイヤーや貝細工など、ドライフラワーの材料になる花々が植えられている。次回、夏の終わりには一面色づいていることだろう。名残惜しいが、その日を楽しみに解散。

雄大な蓼科山を横に見ながら

みわさん手製のリー ス。工房は作品で埋もれそう。

NO.3夏の収穫祭

(2001年7/7 三鷹市石井農園)
とりたて夏野菜で、青空宴会!
今日は待ちに待った収穫祭。石井家の庭先には、早くも青年部の面々が集まり、青空宴会場の設営に取りかかっている。ともあれ、おいしいビールを飲むためにはまず、労働から、ということで、受講生たちは、”宴会のごちそうたち”の収穫に畑へ入る。トマト、枝豆、トウモロコシ、ジャガイモ、きゅうり…。今がまさに旬の夏野菜たち!かごいっぱいにもぎ取って、みんなホクホク顔だ。”鮮度が命”のトウモロコシと枝豆は、早速大鍋でゆでる。トマトは輪切りにして、これも摘みたてのバジルをちぎってサラダに。ステンレスのボールごとドン、と並べる。枝豆も出荷用のダンボールにがさっと盛り付け。こんな大胆さも、かえってこの場にはふさわしい。
  加藤部長の音頭で、乾杯!ほてった体にビールがしみる~!
そして、本日の主役たちの登場。実がぷりぷりにつまった枝豆、まだ湯気を立てているトウモロコシ、真っ赤に熟したトマト。ついさっきまで、畑で太陽をいっぱい浴びていた野菜たち。そのおいしさときたら!みんなの顔がみるみるほころんでいく。ビールも進む。話もはずむ。飲んで、食べて、笑って、ああ、なんて贅沢な気分!暑さもストレスも吹っ飛ぶ。ほろ酔い加減になったところで、宴たけなわではあったが、お開きに。農家の人たちは、まだ夕方の仕事があるのだ。おみやげに、おいしいジャガイモを袋いっぱいにいただいた。

取れたての野菜の美しさ!

青年部部長の加藤さんの挨拶で、和やかに開宴!

NO.2森林の講座「多摩川源流の自然と生活文化」

(2001年6/2山梨県小菅村)
清流沿いを散策。養殖場やワサビ田に、山の生活を訪ねる
 森林の講座第3回は、多摩川源流の山梨県小菅村を訪ねた。当日は、多摩川源流研究所<の中村所長とスタッフの井村さんの案内で、まず小菅村沿いに白糸の滝、雄滝を見学。木漏れ日にきらめくせせらぎの清らかさに、身も洗われるよう。
  午後は、代表的な清流業のひとつ、ヤマメやイワナの養殖のお話をうかがいに、養殖場へ。小菅村は、日本で最初にヤマメの養殖に成功したところなのだ。もうひとつ、清流のならではの村山の恵み、ワサビの畑にもご案内いただいた。急な林道を上がって行くと、渓流沿いのわずかな土地を利用して、ワサビの段々畑が、はるか上流まで続いている。景観の美しさもさることながら、先祖代々のワサビ田を守り続ける村の人々の勤勉さにも心を打たれた。天候にも恵まれ、素晴らしい一日となった。

ワサビ田

白糸の滝

水源林に多いシオジの木

NO.1山菜採りと湧水巡り

(2001年5/26-27 実習地 八ヶ岳原村)
初めての人も大収穫!とりたてを天ぷらにして最高!
  今回の講師木下みわさんの案内で白樺湖付近に出かける。まずは山ウドの芽。枯れた枝の根元もとに新芽が顔をのぞかせている。それを掘り起こすのが少し大変。まだ草も伸びていない斜面にどれがウドなのかを見分けるのにさほど時間はかからなかった。わらびなどもある。
    次に場所を変えてタラの芽採り。急な斜面をブッシュをかきわけ、あるある!トゲトゲの葉のない樹。わき芽を採るのだが、またすぐに生えてくる強い樹。足元にはスズラン・ヒトリシズカが群生している。収穫物を持って今日の宿、原村のいいずみペンションへ。
  翌日は草木の名を教えてもらいながら、雨上がりの用水路沿いを散策、八ヶ岳の横岳が近くにみえるあたりまで登る。都会の汚れが一遍に洗い流されるようだ。用水路を横断するように所々湧水が沢へと落ちている。それをペットボトルにつめ、帰りみちに今が食べごろのセリをつむ。
  昼には山菜の天ぷらとセリのおひたしに満足。今度はいつ?の思いを胸に解散。

散策する木下みわさん(右)と受講生たち

泊まりはいいずみペンション。食事がおいしい!

講座レポート

1 9 10 11 12 13 14