講座レポート

1 2 3 4 5 6 7 14

NO.100八つ頭の定植

ゼロから始める家庭菜園実習-埼玉美里教室

(2010年4/10 埼玉県美里町)
   埼玉県北部・美里町、国道254号線沿いにある見晴らしのいい畑。ここでの教室は、2年ぶりです。昨年は定員割れで催行できませんでしたが、講師の茂木先生のご指導をもっと受けたい、ぜひぜひ、の声が多く、今年はめでたく開講の運びとなりました。先月から始まった今年の講座は、土作り・ジャガイモの定植が終わり、今日は八つ頭の定植です。作業の前に、マルチの使い方や堆肥、土作り、かん水の方法など、大切な栽培技術のお話がありました。先生は、長く農業改良普及員として農家の指導にあたり、現在は農業生産法人「みのり」でブルーベリーや野菜の生産・販売に携わっています。「田舎の学校」で講座をお願いしてからはや7年。プロの農家向けにも、実際の生産にも、また素人の家庭菜園栽培にも精通している、「農」のマルチプレーヤーともいうべき方です。
   まず、黒マルチを張り、その後株間45センチで、植え穴をあける。あらかじめ45センチにカットした棒をものさし代わりにします(写真左)。植え穴の深さは10センチ。これは、三角クワの柄に10センチの印をつけておき、ガイドにします(同中央)。身近なものを目安に、”測る”ことが重要。タネイモは芽を上にして、植えていきます(同右)。この八つ頭は丸く育つそうで、うまくできれば、ソフトボール大で、とてもおいしい、とのこと。11月の収穫が楽しみです。

NO.99キッチンハーブの寄せ植え

ハーブ栽培実習-船橋教室

(2009年7/11 船橋市 飯島農園)
   吉本ふじ子先生のハーブ基礎教室。飯島農園の野菜畑の隣に、美しく手入れされているハーブ畑で、今日はハーブを容器に寄せ植えしてみる。先生の用意してくださったハーブ、畑のハーブから、好きなものを思い思いに選び、容器も丸い鉢、長方形のどちらか選んで植える。イタリアンパセリ、スイートバジル、スイートマジョラム、セージ、タイム、チャイブ、ディル、ナスタチウム、ローズマリー、エキナセアなどなど。背の高いものは後ろに、垂れ下がるものは手前に。まず、ポリポットのままで配置を試してみてから、土を入れて移植する。   ティータイムには、先生お手製の和菓子、ラベンダーウォーター、レモンバーベナのハーブティーを楽しむ。そろそ終わりのラベンダーの花を摘んでお土産に。


NO.98月イチからの畑しごと「埼玉滑川教室」

月一回だから、気軽に始められる

(2009年6/22 埼玉県滑川町 埼玉元気農業塾)

   埼玉県滑川町周辺は耕作放棄地が多い地域。その畑を利用し、月一回の農作業クラスです。「田舎の学校」では新しい試みのクラス。比較的管理が楽な野菜・保存のきく野菜を選んで栽培実習します。予定は、ジャガイモ、サツマイモ、トウモロコシ、エダマメ、ニンジン、ハクサイ、ダイコンなど。畑に頻繁に通えない人や、まだ農作業に自信のない人、子どもと一緒に農作業を楽しみたい方たちにもおすすめです。指導と日常の管理は「埼玉元気農業塾」の北岡さんたちが担当してくださり、収穫に来られない場合も宅配OK。
   今日は4回目。ちょうど3ヶ月前、第一回の3/22に植えたジャガイモの収穫です(バックナンバー97号参照)。先月の除草にもかかわらず、畝間に雑草がうっそうと茂っています。50mの畝2本に、30cm間隔で植えたダンシャク。スコップで試し掘りすると、大きなイモがごろごろと出てきました。これは、期待できそう。ざっくりとクワを入れ、その後地上部の葉茎を抜き取り、土の中からイモを掘り出します。取り漏れのないよう、手を土深く入れて、イモを探ります。一畝50mを手作業で掘っていくのは、結構な重労働。さらに、予想以上の大収穫だったため、運び出すのにまた一苦労。結局、一人当たり約30kgにもなりました。様子を見に来てくださった「田舎の学校」美里教室の茂木先生から、ジャガイモと手羽先のコーラ煮など、料理方法を教えていただく。次回は、トウモロコシの収穫予定。

NO.97月イチからの畑しごと「埼玉滑川教室」

月一回だから、気軽に始められる

(2009年3/21 埼玉県滑川町 埼玉元気農業塾)
   埼玉県滑川町周辺は耕作放棄地が多い地域。その畑を利用し、月一回の農作業クラスです。「田舎の学校」では新しい試みのクラス。比較的管理が楽な野菜・保存のきく野菜を選んで栽培実習します。予定は、ジャガイモ、サツマイモ、トウモロコシ、エダマメ、ニンジン、ハクサイ、ダイコンなど。畑に頻繁に通えない人や、まだ農作業に自信のない人、子どもと一緒に農作業を楽しみたい方たちにもおすすめです。指導と日常の管理は「埼玉元気農業塾」の北岡さんたちが担当してくださり、収穫に来られない場合も宅配OK。
   まずは土に触れ、収穫を楽しんでみよう!ということで、今期は5名が参加。第一回の今日は、ジャガイモの定植でした。森林公園に程近い広大な畑の一角、まず堆肥をまき、管理機で溝を切って、50mの畝を作ります。ダンシャクのタネイモを30cm間隔で植付けました。農作業初めて、という参加者もいて、みんな楽しそうに汗をかいていました。
   作業後、元気塾の瀬山さんが作ってきてくださったおはぎ、おむすびや農場の野菜を使った漬物などごちそうになり、みんなでほおばりました。
   このような形で耕作放棄地がどんどん活用されることを願っています。

NO.96柿とブルーベリーの剪定実習

(2009.1.11、2/22 伊勢原市・高梨農園/小泉ナーセリー)
   冬の恒例、「果樹剪定講座」。恵泉女学園大学の小林幹夫先生の指導で、今年で5年目になります。当初伸び放題だった高梨農園の柿畑も、徐々に樹形が整ってきました。毎年参加して、同じの木を手入れし続けている方もいます。また、今年は、前日1/10の教室講義で東京農大の宮田正信先生の講義を聴いた参加者もいて、理解も深まった様子。
   剪定に欠かせないのは、なにより「観察」。360度、あらゆる角度から木を見つめ、どの枝を残し、どこを切るか。さらに、来年以降の剪定見通しも立てる。いっぺんに仕立てられないのが果樹の難しいところ。長期計画で考えることが肝心です(写真上左)。方針がかたまれば、あとは切るだけ。脚立にのぼり、のこぎり、剪定バサミで仕立てていきます(写真上右)
   2/22は、柿の仕上げ剪定と、午後から市内の「小泉ナーセリー」に移動してブルーベリーの植付けと剪定。ハーブ教室でご指導いただいている小泉美智子先生宅には、ハーブや野菜だけでなく果樹もたくさんあります。ブルーベリーは、30年ほど前、まだ日本でブームになるはるか昔に定植したものが、大株になって茂っていました(写真下右)。
   畑の空いているスペースでは、植付け方法を学ぶ。先生のデモンストレーションの後、みんなで穴を掘って新しい苗を定植。また、ポット栽培の場合の植え替え、土の種類などもお聴きしました(写真下左)。来年は今年植えたブルーベリーの剪定もできるでしょう。


NO.95マルチ張り・青菜播種・トンネル掛け

ゼロから始める家庭菜園実習-武蔵野教室

(2008年3/22 練馬区立野町 井口農園)
   この春からお世話になることになった、練馬の井口農園。武蔵野の面影を残す屋敷林、2町歩の広大な畑が千川上水をはさんで広がります。吉祥寺の近くにこんな農家が残っているのが驚きです。井口良男さんは10代目で、キャベツやウドの市場出荷のほか、JAの直売所やスーパー、学校給食に多種他品目の野菜を納入しています。
   実習は3/8にスタート。今回、「アサヒタウンズ」に募集関連の記事が載ったこともあってか、あっという間に定員の15名に達し、にぎやかなクラスとなりました。その日は、ジャガイモの植え付けを実習。第2回の今回は、土作り・畝作り・マルチ張り・青菜のタネまき・トンネル掛けと盛りだくさんに勉強しました。井口さんの急用で、息子の昇一郎さん、番頭さんの豊田さんが指導してくださいました。
①NPK比5-5-5の肥料をまく。青菜の畝は全面に、ダイコン畝には2列筋状に。
②青菜畝には牛ふん落葉堆肥を、ダイコン畝には鶏ふんをまく ③豊田さんが管理機をかける。耕運と畝作りがいっぺんにできる④マルチを張る。青菜畝には6穴、ダイコンには2穴マルチ。片足でマルチを踏んづけ、クワで土をかけていく。クワ使いはほんとにむずかしい
⑤タネをまく。コーヒー缶で土に穴を開け。ミズナ、ホウレンソウ、コマツナを2列ずつ。ひとつの穴に、3粒ずつまく。タネが細かくて、根気のいる作業だ。⑥覆土。”ふりこみ”という穴のあいた道具に土をこすりつけ,ふるって土かけ⑦トンネル用の支柱を立てる⑧水をたっぷりかける⑨網状の生地でできたトンネルをかける
⑩トンネルが飛ばされないよう、押さえの支柱をさして、できあがり。ダイコンは、次回播種の予定。

NO.94農家に学ぶ「季節の献立・保存食」

(11/25 神奈川県横浜市)
   横浜市青葉区、「こどもの国」に隣接した美しい里山に、三澤百合子さんのお宅はあります。三澤家は代々の農家で、今はナシを中心に米や野菜など多種の農産物を生産。百合子さんは、農作業の傍ら、県内の仲間と農産物の加工や料理の技術交流を通して、食のあり方を考えてこられました。
   畑からとれる季節の素材を生かした農家の家庭料理、ハレの日の伝統食や保存食には、大きな魅力があります。今回は、秋の収穫物を使って献立を用意していただきました。特に、コンニャクイモで一から作るコンニャク作りや、薄焼き玉子から作るお吸い物用の”菊の花”には、みんな大感激。菊の花は、長方形に焼いた薄焼きタマゴを半分に折り、切れ込みを入れて端から巻き、中心部を茹でた三つ葉で結びます。結び目をつまんで切れ込みを広げると、パッと菊の花が咲く。ここでワァっと歓声が上ります。中心部に練り梅をちょんと添えて、出来上がり。繊細な手作業ですが、三澤さんの簡潔で的確なご指導のおかげで、コンニャク作りと並行させながら、スムーズかつなごやかに進みました。ほかに、失敗しない黒豆の煮方や青梅の甘煮の作り方など教えていただき、早速お正月に・来年の梅の時期にやってみようと、みんな熱心にメモ。お土産に、作ったコンニャク(刺身にしても良し、ステーキも良し)、三澤さん手製の貴重なカリンの水あめ(ルビー色がきれい!)などいろいろいただき、帰りには色づいて秋まっさかりの里山を散策して、思い出に残る一日を過ごしました。

<コンニャクができるまで>
→②→③
→⑤→⑥
→⑧

<菊の花(たまご)を作る>

<いただきます!>

NO.93八ケ岳でキノコ採り

(9/24~25、10/4~5 長野県原村・八ヶ岳周辺)
   この夏は暑く長く、自然界も異変が続く。きのこも例外でなく、夏のきのこがまだ残り、秋のきのこが顔を出すのが遅い。
   9月のきのこ採りは前日までずっと雨が降らず地元からは絶望的との連絡が入る。それでも夜に降った雨に望みをかけて、阿弥陀岳の登山尾根を行く。ここは「田舎の学校」のきのこ講座では初めての場所で、尾根筋を登っていく。登り始めると、笹の中にハナイグチがある。もしかしたらイケルかもしれないとの期待をもって探す。夏のきのこ・タマゴダケもあり、珍しいきのこもいろいろ収穫できた。木下さん、荒野さんに鑑定してもらう。
   翌日は、ペンションの庭でナラタケやサクラシメジも収穫。
   10月も同じ場所に出かけ、サマツなど美味なるきのこも収穫。初心者も翌日にはハナイグチを収穫でき、それぞれお土産にもって帰る。昼食はきのこうどん、ガーリックいため。それぞれのきのこの味を楽しむ。
   きのこ採りは「当るも八卦、当らぬも八卦」の世界、2回の講座とも収穫できて本当に良かった。それだから見つけたときの喜びはひとしおです。



講座レポート

1 2 3 4 5 6 7 14