講座レポート

1 2 3 4 5 6 7 8 9 14

NO.84ナスの接ぎ木苗作り

(2006年3/19、3/26 三鷹市中原 星野農園)
   3月下旬から4月初めまで、星野農園ではナスとキュウリの接ぎ木作業に追われます。今では農家での接ぎ木は珍しくなりました。星野さんは近隣農家に苗を販売していて、特にナスは「星野さんちのナス」で有名。昨年はアグリフェスタ東京・ナスの立木部門で農林水産大臣賞を受賞したほどのナス作り名人です。
   接ぎ木をするのは、病気に強い健康なナスやキュウリを育てるため。台木には、ナスは南米産の野生種に近いナス科のもの、キュウリはカボチャを使います。3月初めには台木の種、ナス・キュウリの種を苗床に播種します。
   接ぎ木するには、台木にかみそりで切り込みを入れて、ナスやキュウリを差し込み、クリップで固定します。ナスとキュウリでは接ぎ方が異なりますが、手先の器用さが必要な細かい作業です。日頃の農作業とはまったく違う。実習生も始めはオッカナビックリ。でも失敗しながら何とか習得していきます。星野農園では、このような接ぎ木苗を6,000本ほど作るそうです。
   この後,、接ぎ木苗は苗床で星野さんに大切に育てられます(実はこの管理が大変難しい)。無事に生き残った苗は、4月末から順次畑へ定植していきます。


NO.82ゼロから始める木工・日曜大工講座

(2006年9/18 埼玉県児玉町)

埼玉県北部、児玉町の木村満さん宅で始まる「木工と日曜大工教室」。 すぐ裏が山で材木も竹も取り放題、崩れかけた納屋(写真①)は自由に直してもらっていい、と、 「木工と日曜大工」には、この上ない条件だ。それだけではない。町の工務店の棟梁、 森林組合の人たち、木工細工の先生、など最強の講師陣が揃った。なんて贅沢な講座!
   プログラムはこうだ。まずは、納屋を修復して、中を使える状態にする→ 次に、裏山で丸太を切出してきて、 外に簡単な作業台や腰掛を作る→ 各自木工作品を作る
計画は実におおまか、おおらか。さて、今年はどこまでいけるだろう? まさに「ゼロから始める」、みんなで作っていく講座だ。
   初日の9/18、納屋の修復は傾いた柱をひっぱって起し、「筋交い」の板を打ち込んで壁を外から補強するところからスタートした(写真②)。棟梁の指示で、みんながワイワイと動く。筋交いが終ると、今度は中に入って、床つくり。垂直・水平を出して、補正の印をつける。地面の上に「つか石」「つか」を置き、その上に「大引き」と呼ばれる横木を渡す。さらに根太を置いて、床の骨組みは出来上がり。つかやつか石はありあわせの材木や石をで高さを調整していくので、その点はラフだが、床の構造がよくわかる(写真③)。最後に床板のはめ込み。受講生5人も、電動ドライバーでバリバリとビスを打ち込む(写真④、⑤)。電動ドライバーは初めてという人もいたが、繰り返しビス打ちするうちに慣れて、斜め打ちもできるようになった。ひととおり床を張り終わったところで初日は終了。
   次回は電動工具の使い方練習、納屋の壁板張りの予定。棟梁の桜井さん、木村さんはじめ町のみなさん、受講生のみなさん、お疲れ様でした!(写真⑥)

NO.83ゼロから始める家庭菜園実習「美里教室」

(2006年2/25、3/11 埼玉県美里町)
2月25日:
  4年目になる美里の「ゼロから始める家庭菜園実習」は今までで一番多い14名という 参加者で、前期からの継続者は6人。第1回目は野菜の作付け前の土作り。例年通りに、堆肥、顆粒苦土石灰 をまく。農作業は測ることが基本、と話す茂木先生。堆肥を入れるのも肥料を入れるのも、畝立てをする のも測ってから、自分の歩幅が何センチくらいかをおぼえておくと便利。堆肥を入れた畑はトラクターで耕す。(この日はトラクターが故障で後日講師の茂木さんにお願いする。トラクター体験は後日機会に)。お土産用にチジミホウレンソウミを収穫。

3月11日:
  前回、堆肥と肥料をまき、耕した畑に、今日はジャガイモを植える。ジャガイモは芽を残すように2つに切り、切り口に藁を燃やした灰をまぶす。畝は高畝にし、30cmの間隔にジャガイモを落とし、その間に肥料を一掴み入れていく。土をかぶせる。鍬を持つのは初めての人もいるが、講師や先輩達に指導されながら皆挑戦してみる。畝を平らにするには鍬の背を使うなど、なかなか難しい。家庭菜園ではやはり鍬を使うことは基本。ジャガイモの隣はブロッコリー苗を定植。肥料をまき、穴無しマルチを敷き、鍬の柄で穴を空けてそこに植えていく作業。

  

NO.81ニガウリのネット張りと秋冬野菜播種

(「家庭菜園実習」 6/18、7/16 三鷹市 石井農園)
6月18日 ニガウリのネット張り
   だいぶ大きくなったニガウリの苗を、ネットに這わせるための作業。 まずは畝の間の草取りから。「作業は足元をきれいにしてから」と石井のお父さん。 隣の畝に生えている三つ葉の芽を雑草と間違えないようにと注意される。 きれいになったところで、ネットを張る支柱の設置。次にネット張り。ネットが絡まないようにピンと張る(写真左)。この作業が結構難しい。 ニガウリの苗を起こしてネットに絡ませ(写真右)、終了。

    

7月16日 秋野菜の播種
   10月末から収穫が始まるキャベツ、ブロッコリー、カリフラワーの種をプラグ(トレー)
に播く作業。 育苗培土(天然ゼオライト、バーミュキュライト、ピートモス)にチッソが多めの肥料と水分による病気が出ないように薬を配合し、良く混ぜる(写真左)。水を加えてさらに混ぜる。プラグに土を入れ、手作業ではそれに一粒ずつ播いていく(写真中)。機械による作業は、播種・覆土・水やりを一つの流れで行うが(写真右)、トレーの運搬など一人では結構大変。皆ですればスムーズに進む。
   この日播いた種は早生の種で、日をずらしながら石井農家では8月初めまで播種は続く。播かれた種は3日ほどで芽が出て、3週間から1ヶ月の間に畑に定植。8月の実習時はきっと定植が待っている。

    

NO.80ラベンダー摘みとクラフト作り

(7/2-3 群馬県新治村)


   今年も新治村のラベンダーの季節がやってきた。古民家「こ雲台」を見下ろすなだらかな丘陵地の一画がほのかな紫色に彩られる。そのラベンダーを摘み放題に摘んで、バンドルやリースを思い思いに作る。丘の上の東屋で、いい香りに包まれながらの作業。&講師はハーブ基礎クラスの高須しのぶ先生。バンドルは昔イギリスで防虫剤に使われていた(写真上)。ラベンダーを奇数本束にし、リボンで編みこんでいく。5人の参加者は、一度要領を覚えると、時の立つのも忘れてひたすら作り続けた。夜は田んぼのホタル鑑賞。帰ってからも囲炉裏端で再びバンドル作り。翌日はあいにく雨だったが、持ち帰り用のラベンダーを摘んで、バンドル・リースとどっさり抱えて解散。
   この講座のあとは毎年そうだが、ストレスを抱えてきた人・体調不良で来た人も、帰る頃にはすっかり笑顔になっている。ラベンダーには鎮静効果があるといわれるが、たしかに心が安らぎ、リラックスできるようです。摘んでは作り、作っては摘み…。夢中で作り続ける。翌日はこ雲台の中で作業。高須先生(下左)と、自作のリースを手に。
      

NO.79フラワーアレンジメントとブーケ作り

~花農家でお花を摘んで~

(5/1、6/12 三鷹市石井農園)

お花摘みに夢中。                色とりどりのお花にをふんだんに使って。

華やかな作品たち。初めてとは思えない!   高須先生(後列中央)を囲んで

   5月1日と6月12日の2回にわたって、三鷹市の石井農園で「アレンジメント&ブーケ」講習会が開催されました。石井農園には「家庭菜園実習」、「ハーブ栽培実習基礎編」でお世話になっています。花栽培は息子さんの昭広さんが担当していて、ハウスを中心に30種以上の花々を、年間通して栽培しています。
   5月はユリを中心にスターフロックス、カスミソウ、二ゲラなどを使ってアレンジメント、6月はトルコキキョウ、カイザイク、スターチスなどを使って、ブーケまたはアレジメントを。
   高須しのぶ講師は、10年間日比谷花壇で数々のアレンジやブーケを手がけて来られ、またハーブ栽培実習基礎編の指導もお願いしています。ご自宅の屋上にはハーブ・野菜・花などを栽培されていて、植物に対するきめこまかな愛情をお持ちです。
   「田舎の学校」のアレンジメントは、花を摘んでから、自分の好きに製作するというのが特徴。その花摘みが本当に楽しく、参加者の顔から笑みがこぼれ、テンションも上がっていきます。あれもこれもと摘んでいくと両手一杯になります。
   緑の葉ものは、先生がアルケミラモリスやレモンゼラニュームを用意されたり、ハーブ畑から採ってきたり。それら葉ものはアレンジメントでは周囲を形作るのに、ブーケでは放射状に花々をあしらっていくときの中心として欠かせないものです。 材料に事欠かない畑での作業は、他では味わえない花講座になりました。

NO.78ホンダの耕うん機(管理機)実習

( 2/19 三鷹市 石井農園/4/10 三鷹市 星野農園)
  ホンダから発売されている家庭菜園向け耕うん機の操作実習を、2ヶ所の教室で行った。
  販売店の橋本機械(株)から、担当の橋本さんと耕うん機3台がやってきた。橋本さんの指導で、ミニ耕うん機「こまめ」、少し大きい「サラダFF300」と「サラダFF500」の運転を実習。
  まず、「こまめ」から試してみる。軽くて持ち運びも楽。小さな家庭菜園にはこれで十分。小さいながら、アタッチメントをいろいろ替えれば、耕うんだけでなく畝立て、中耕、除草もこなす。
  「サラダ」シリーズは、多種多品目の野菜農家にも便利そう。また、少し大き目の家庭菜園ならこちらの方がいいのでは、というのが受講生皆さんの感想でした。初めて管理機に触れる実習生がほとんどで、始めは戸惑っている様子だったが、そのうちみんな夢中になって、畑を行ったり来たり。
  どれも歯のついたロータリーがエンジンの下にあり、足元から離れているから安全だね、と星野農園の星野さん。ホンダならではのセンスがうかがえ、どの耕うん機もデザインが洒落ています。こんな耕うん機を使用出来る自分の畑が欲しいものです。

2/19:石井農園で。使用しているのは「こまめ」。 4/10:星野農園。手前が「サラダFF300」、奥が「サラダFF500」。

NO.77家庭菜園実習

(2/5 小平市 高橋農園)

1年の始まりは土つくりから

   春も遠い寒い冬の1日に、野菜作りの1年がスタート。100坪ほどのビニールハウスには、トマト栽培用に5、60cmほどの溝が掘られている。その溝に、腐葉土(3年前に集めたケヤキなどの広葉樹の落ち葉を寝かせたもの)を1輪車に積んで運び入れる(写真左)。腐葉土はまだ完熟していない部分もあるので、カビなどが出ないように一番下に入れる。受講生は腐葉土に触れるのも、一輪車を扱うのも始めてという人も多く、すぐに汗ばんでくる。
   次によう燐、さらに有機50(窒素・りん酸・カリが7-8-8)、最後に発酵有機質肥料・ぼかし(米ぬかと骨粉)と、計4種類の堆肥と肥料を入れる(写真右)。土をかぶせて2週間ほど寝かせて、トマトの苗を定植する予定。

   

講座レポート

1 2 3 4 5 6 7 8 9 14