講座レポート

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 14

NO.76農の一年のスタート

家庭菜園実習「藤沢教室」~無農薬・無化学肥料栽培実習~

(2005年1月~/藤沢市 相原農場)
 農の暮らしの一年は、冬、土つくり・肥料作りの作業から既に始まっている。循環型農業の流れをつかんでもらおうと、今年の講座は年明けからのスタートとなった。
<1月29日堆肥見学・ボカシ肥の切返し・ダイコンの収穫(写真①、②)>
   第1回は、相原農場の農法についてのオリエンテーション後、堆肥場へ行って、山積みになっている堆肥や納屋のボカシ肥の説明を受けた。相原農場では、堆肥は植木の剪定屑を米ぬか、水だけで作る。ボカシ肥は、主に追肥用に使う。空気を入れて水分を飛ばし、微生物の発酵を均一にするための切返し作業を体験。大きなスコップで、ボカシを反対側の壁に積み上げる。9人が交代でやっても、結構大変な作業だ。その後、軽トラでダイコン畑に移動。ダイコンの収穫をさせてもらったのだが、スポッと抜けるかと思うとこれがそうもいかない。途中で折れてしまったり、みんなてこずっていた。初日にして早くも、農業って大変なんですね、との声があがっていた。
<2月12日:踏込み温床作り(写真③)>
   「踏込み温床」とは、微生物の発酵熱を利用した苗床のこと。この上に、夏野菜の苗ポットを置いて温度管理するのだ。落ち葉を敷きこみ、米ぬか、水をまいて、よく踏込む。これを何層か繰り返す。手間は相当かかるが、省エネになるし、温床の役目を終えた落葉は1年後には腐葉土となり、苗用の床土となる。まさに、循環型農業の真髄だ。
<3月12日:レタス苗の移植>
   箱まきしたレタスの苗を、セルトレイに移植する作業。細かくて根気のいる仕事だが、苗作りの重要性は大きい。相原さんによると、「苗半作」ということばが昔からあって、苗作りのウェートは50%を占める、つまりこの段階で半分が決まってしまうということだそうだ。
<3月19日:サトイモの掘り上げ(写真④)>
   冬の間地中深くに埋められ、わらに包まれ大切に保存されていたサトイモのタネイモを掘り上げる。今回のは前回の繊細な作業とは打って変わって、汗だくの肉体労働。
<4月2日:ダイコンのタネまき・ネギの苗床の草取り(写真⑤)>
   ダイコンのタネまき。マルチの穴ひとつに、指2本で2穴をあけ、それぞれ2粒ずつタネをまく。今日は、時なしダイコンと、青首系の耐病総太りダイコンの2種をまく。移動して、ネギの苗床の草取り。相原さんによると、有機でやるにはネギは最も草取りの大変な作物だそうだ。たしかに、トンネル掛けをはがすと、ようやく10cm前後に育ったネギを覆わんばかりに雑草がばびこっている。
細くてまだ足元のおぼつかないネギをかばいつつ、雑草だけ抜き去る、これまた細かな作業である。地面が現れ、すっかりきれいになったネギ畑だが、今後も除草を怠ると、ネギはどんどん細くなってやがて消えてしまうそうだ。


NO.75ハーブで自然農薬作り

ハーブ栽培実習 応用クラス=

(11/27 伊勢原市 小泉ナーセリー)
<自然農薬とは>
  ハーブの薬効は動物だけでなく、植物にも利用できる。植物が身を守るために持っている香り・辛みなどの物質の中で、特に特色が強いものが薬効成分となる。これを利用するのが自然農薬。
<自然農薬の特徴>
  自然農薬は、漢方薬と同じ感覚で使う。化学薬品に比べ効果はゆるやかで弱い傾向にある。保存料が入っていないため、長く保存できない(放っておくと発酵して使えなくなる)。
<自然農薬の作り方>
  農薬の効果となる殺菌・防虫の成分を抽出する方法は、水煮・アルコール漬け・酢漬けがあるが、それぞれ成分の濃度と保存期間が異なる。
・濃度:アルコール漬け>酢漬け>水煮
・保存期間:アルコール漬け(冷暗所で2年以上)>酢漬け(冷暗所で2年くらい)>水煮(冷蔵庫で3ヶ月くらい)
★作り方★
A.トウガラシの水煮
①生トウガラシ600gを小口切りにする
②鍋に4lの水と①のトウガラシを入れ、沸騰してから約20分煮る
③トウガラシだけ取出して、すり鉢でペースト状になるまでよくする
④③のトウガラシを鍋に戻して、煮汁と合わせる。こうすることで、防虫効果を強くなる
⑤使用する時は、こして使う。保存は冷蔵庫で3ヶ月くらい
B.ニンニクの酢漬け
①ニンニク50~100gをすりおろし、500mlの酢につける。一番いいのは玄米酢。2週間ほどおく
②使用する時は、こして使う。保存は冷暗所で約2年。お酒(コニャック、ウォッカ、35度のリカーなど)なら2年以上。
<自然農薬使用上の注意>
  重要なのは、使うたびに、使う分だけ希釈して使うこと。AとBを同量ずつあわせて使っても良いが、それも使う時ごとに混ぜること。また、アルコール漬けにして作ったものは、特に成分が濃く出るので、希釈に注意が必要。酢漬けもアルコール漬けも、初めは300倍くらいにして散布し、薬効があるか、植物体を傷めていないかなど様子をみる。薄めから始めて、試しながら使っていくのが大事。長い間使用していると、薬効などがわかってきて、希釈濃度など判断できるようになる。
  また、自然農薬は化学薬品と違って、定量もなく、効果も弱く、ばらつきもある。無農薬で植物を育てるときに大切なのは、まず、元気な植物に育てること。土作り・整枝剪定・風通しや日照を良くする、など環境を整える。それでも出てしまった病虫害に対して、初期に有効、くらいに考えておく。蔓延してしまった被害には効果はあまり期待できない。

NO.74初冬の里山歩き

~武蔵五日市・秋川をめぐる

  5月に埼玉の「野火止用水と平林寺」をご案内下さった樹木研究家の秋山好則さんと、初冬の秋川周辺を巡った。
コース:武蔵五日市駅~阿伎留神社~広徳寺~秋川右岸流域~光厳寺~子生神社~駅
  雑木林、谷戸、川、里を巡り、途中途中に由緒ある古刹を訪ね、アップダウンもある変化に富んで飽きることのない好コースだった。
  歩きながら、孟宗竹と真竹の見分け方、モミとカヤの見分け方などなど、先生は目についた植物を次々に指し示しながら解説してくれる。とてもいっぺんに覚えきれないが、木々の固まりでしかなかった林、緑の縁取りでしかなかった民家の生垣から、ひとつひとつ個性をもつ植物たちがくっきりと浮かび上がってくる。
  時折氷雨がぱらつき、枯れた初冬の魅力がいっそう際立つ一日だった。

    
   古刹「広徳寺」山門              秋川沿いに雑木林の道が続く。まだ紅葉が残っていた。
   
秋山先生(右)と参加者の皆さん        光厳寺に登る坂道から里をのぞむ

NO.73職人に学ぶ竹細工

(10/30-31 群馬県新治村)
  新治村の本多幸次さんに習う竹細工講座も、4年目。今回は3回目、4回目参加のベテラン勢を含め、4人の受講生がそれぞれしょうぎ・ざる編み・いかだ編みに取組んだ。

   力作を手に、本多先生を囲んで

<しょうぎ>
  
  東京から参加のSさんは4回目の参加で、既に、四つ目編み、ざる編み、いかだ編みの籠作りの経験がある。長野県のAさん(3回目)と共に、「しょうぎ」を作る。しょうぎは、台所や、穀物をふるうのに使われた馬蹄形のざる。(左の写真は、先生作の見本。以下同)

<ざる編み>
   Aさんの奥さんは今年7月の講座に続き、2回目。”2間飛び”のざる編みは、目を二つ飛ばしで編んでいくため水切りが良く、お米を洗ったり、こしあんを作るのに使われた。
  

<いかだ編み>
  
  神奈川県から参加のHさん(写真右)は、竹細工を習いたくて、いろいろと教室を探したそうだ。初めての竹細工でいかだ編みの平ざるを作り上げた。

NO.72ゼロから始める家庭菜園実習 船橋教室

(9/5~ 千葉県船橋市豊富)
    長い間の念願だった千葉地区での農業実習教室。船橋農産物供給センターの飯島幸三郎さんが、圃場と指導を引き受けて下さいました。
    1回目の実習は9月5日、畑に堆肥と肥料をまき、耕運。希望者はトラクター初体験(写真上)。 畝を作りはまず真っ直ぐに線を引き鍬で畝立てをすること、これが野菜栽培の基本中の基本。 そこにマルチを張り(写真中)、ダイコンとハクサイの種を播いていくが、広い畑での作業は結構な労働です。
    9月12日は、少し離れた田んぼの稲刈りを体験。 美しい谷戸の風景の中、晴天のもと汗をかきながら進める。刈りおわった稲を6束ずつ束ねる方法を飯島さんから教わるが(写真下)、いかに早く作業をしていくかが農家にとっては必要などの話を聞きながら、どうやら完了しました。
    畑に戻ってブロッコリーの定植。畑の一角に育った苗を十分に水をやってから定植。苗間とかぶ間が同じになるように、線引きし、交差した所に植えていく。 どれも無農薬栽培にするので、次回からの虫取りが大事な仕事になるでしょう。
 

NO.71畑でクッキング!

(6/27イタリアン、7/15旬野菜の健康家庭料理料理 三鷹市星野農園)

旬のナスやトマトを畑から調達! 大人気の青空料理教室

★イタリアン(6/27) 講師:伯母直美★  三鷹の農家の一画で、畑の作物を使って料理を楽しむ「畑でクッキング」シリーズ。屋敷林の下で過ごすおおらかな雰囲気に魅せられ、2回、3回とも受講するファンも増えてきた。
今年からイタリアンを指導してくださることになった伯母直美さんは、若くしてさまざまな料理修業をしてきた料理研究家。イタリアンのほかに日本料理も専門だ。ご主人が三鷹青年部(JA)のメンバーというご縁で、快く引き受けて下さった。
<MENU>
アンティパスト:焼きナスのマリネ、夏野菜のフリッタータ、バーニャカウダ
プリモピアット:モッツアレッラのショートパスタ
セコンドピアット:カチャトーラ・マッシュポテト添え
ドルチェ:ブラッドオレンジゼリー
    
畑を案内してくれる、農家の星野さん  都内有数のナスをふんだんに収穫
  
伯母先生(中央)。盛りつけはセルフ方式で。 どん、とおおらかなご馳走たち

★旬野菜の健康家庭料理(7/15) 講師:酒井文子★
「田舎の学校」会員の酒井文子さんは、創作料理の名人。いつも家庭菜園実習で収穫した野菜を、さまざまな料理法でアレンジし、研究している。3回目になる今回の教室は、健康レシピがますますパワーアップ。暑い夏でもさっぱり・もりもり食べられる料理が並んだ。
<MENU>
大豆ご飯・そばの実ご飯、豚肉と新タマネギの煮物、だし(夏野菜をいろいろ刻んだ山形の家庭料理)、モロヘイヤスープ、キュウリとエビのあんかけ、まるまるトマトのデザート
  
今が旬、の夏野菜たち。     まずは、畑に行って材料を収穫。  酒井さん(左)

木陰にテーブルを出して、青空ごはん

NO.70野火止用水と平林寺

~農の風景を歩く~

(2004.5.30 埼玉県新座市)
 東京周辺の貴重な自然、田園風景を歩き、環境・農業と私たちの暮らしとの関わりを考える「農の風景を歩くシリーズ」。第7回目は、秋山好則先生の案内(写真中)で野火止用水~平林寺周辺を歩いた。
 まずは、新座市本多の安田家を見学。江戸から続く農家で、家屋は今もなお、シラカシとケヤキ主体の見事な屋敷林に囲まれている。屋敷林は一本一本に目的がある。南側の樹木は畑の土埃を防ぎ、東南のケヤキは台風よけ、母屋の前のシラカシは縁側の木陰となる。生け垣はヒイラギ、隣地との協会にはウツギ。西側にはサワラ、東側は竹林、北側は杉林。これらが二重三重に配され、夏涼しく冬は暖かく環境調節の機能を果たしている(写真上)。先生の解説は丁寧でわかりやすく、じっくり観察しながら林を回る。
安田家を出て、野火止用水に沿った本多緑道を歩き、平林寺に向かう。玉川上水から分水した野火止用水は全長25kmで、川越地区の武蔵野台地を潤してきた。水が流れない時期があったが、今は史跡として復活している。
平林寺は臨済宗の禅寺で、境内林は56haにおよび、アカマツ林、コナラ・クヌギ林からなっている。5月とは思えない暑さの中、人の手で作り上げてきたをが、武蔵野の美しい林を巡りました。
  
  

NO.69ゼロから始める家庭菜園実習-美里教室-

(2004年2月~ 埼玉県美里町)
2月21日:
  早春を感じさせる心地よい温かさの中、今年の初回を迎える。 顔合わせと茂木先生の話を聴き、立派な教科書をいただく。 美里町の史跡、猪俣の百八燈(国指定・重要無形民俗文化財)、108の塚が並ぶなだらかな丘を背景にした美しい圃場で実習を始める。まずはトラクターで畑を耕し、有機堆肥と石灰を撒きよく鋤き込む。
5月8日:
3/20に定植したブロッコリーが葉を茂らせ、それとともに蝶の幼虫がたくさん発生。無農薬で行くためにまずは虫つぶし。同じ日に作付けしたジャガイモの脇芽欠きと土寄せ。落花生の播種、パブリカ、スイカ、カボチャの定植。
落花生の根には毒素があり土壌線虫に効果があり、ネギ類をスイカやメロンの脇に植えるとツル割れを防ぐなど、 混植の話がありました。
6月26日:
まずは草取り、落花生が黄色の花をつけはじめたので、受粉した雌しべが土に潜れるようにマルチをはがす。トウモロコシ、枝豆も順調。カボチャやスイカも実をつけ、次回は皆収穫出来そう。ネギは土寄せをして追肥。ほうれん草の種を蒔 き。パブリカとジャガイモを収穫。ジャガイモはアンデスレッドが大豊作。
男爵とキタアカリまずまずの収穫。車で来ている人以外は宅急便で送りました。


 ブロッコリーの虫つぶし

  ジャガイモの収穫にホクホク

講座レポート

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 14