講座レポート

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 14

NO.68ハーブ栽培実習- 基礎編-

(2004.4月~ 三鷹市 石井農園)
4月17日:
2004年度のハーブ基礎講座が始まる。この講座も3年目に入り,ハーブ畑もだいぶ形になってきた。この日は畑の整理と植えられているハーブについて高須しのぶ先生より説明がある。まったく初めての人、少し知識のある人が混ざり、和やかな雰囲気のクラス。
5月2日:
石井農園のお父さんに教わる恒例の種まき。家庭菜園実習の参加者も合同で、プラスチックトレーに播種用の土(栄養分が無く、水はけが良く、消毒されたもの)を入れて約10種類の種を播く。水遣りは、種が流されないように寒冷紗の上からかける。大きい種は播きやすいが、小さい種は一粒一粒見分けができず難しい。石井さんから、指の平で種を転がしながら感触で覚えるように指導を受ける(写真上)
5月15日:
2日に播種したもの(バジル、ナスタチューム、オクラ、ポップコーンなど)を畑に定植する。昨年植えたタイムやミント、ラムズイヤーなども元気。ラベンダーも蕾をたくさんつけて、良い香りを周りにまいている。
6月19日:
まずは雑草とり。来年のために、ラベンダーをすっかり刈り込む。今日のクラフトはリース作り。ローズマリーを台にして、いろいろ好みの物を飾りつける。作っている間中良い香りがして幸せな気分。見て良し、食べて良し、香り良し、ハーブは奥が深い(写真中・下)


NO.67ハーブ栽培実習- 応用編-

(2004.4.24. 神奈川県伊勢原市 小泉ナーセリー)


   芽吹いたばかりの新緑と色とりどりの花々が迎えてくれる。小泉美智子先生(写真左)にやっとお引き受けいただいた、待望のハーブ実習講座。300坪の庭には約600種程のハーブや草花、果樹が植えられている。ビニールハウスには所狭しとポットに苗が育っている。
   午前中は、庭を回りながら、植えられているハーブの名前を一つ一つ教わり、簡単な使い方などの説明も受ける。あまりに多く、すぐに頭はパンク状態。ノートも半冊は埋まっただろうか(写真下左)。
   昼はお宅のテラスで、摘んだハーブでお茶をいれて持参のお弁当をいただく。この日は荒れ模様の一日。寒の戻りで寒く、昼からは雷と夕立という天気になった。昼食後、室内で園芸の基本と種まき講義。ハーブはあまり肥料を必要としないが、それでも先生の庭は毎年5トンの牛糞堆肥を入れて耕すそうです。
   午後はハウスで、様々な種類の播種と小さなバジル苗のポット上げレモングラスの大きい株を掘り起こし、たくさんの株に分け、ポットに植え持ち帰る。庭に咲いている花々を摘んで花束にして、ご機嫌な帰宅となりました。

NO.66春夏野菜の準備~苗作り・定植~

ゼロから始める家庭菜園実習-伊勢原教室-
2004年3月22日、4月11日 伊勢原市・高梨農園)
   豊作だった秋冬野菜もそろそろ終わり。トウ立ちしてしまった菜っ葉類などを片付け、春夏野菜の準備に取り掛かる。
3月22日:
まず畑の片隅に、苗床を作る。灰、堆肥を入れて、うなう。蒔いたもの=キュウリ、モロヘイヤ、オクラ、カボチャ、ユウガオ、インゲン、ナス、ネギ、ピーマン買ってきた苗ではなく、タネを蒔いて苗から作るのは難しい技だが、それだけに、楽しみ。
4月11日:
まず実習の前に、牛ふん堆肥と苗の買出しに出かけた。伊勢原のこの辺では、何軒かの酪農農家が牛ふんを堆肥にして売っているそうで、今日は小俣さんの行きつけの堆肥場へ。先客の男性は、堆肥(ちなみに、全然におわない)の山からスコップで袋詰めしている。自分でつめると少し安い、とのこと。こちらは高梨さんの軽トラで運ぶので、農場主のおじさん自らショベルカーで、荷台にザザーッと入れてくれる。ショベル2杯分で、2千円。これは安い。
   次に向かったフラワーセンターでナス、トマト、ミニトマト、トウガラシ、ショウガなどの苗を選ぶ。
   高梨農園の圃場に帰ってからは、畝作り、堆肥入れ、定植、支柱立てと、盛りだくさんの作業で大忙し。1時頃までがんばって、なんとかか苗を植付け終わる。
   お昼の後、裏の竹林でタケノコ採りをさせてもらう。暗い林の中、地面からほんのちょっとだけ顔をのぞかせている穂先を、目を凝らして探す楽しさ!自分で見つけて掘り上げたタケノコを、大事そうに抱えて、いつもより大分遅いおひらきとなった。
竹でタネの蒔き溝を作る。
まだ寒いので、苗床にトンネルがけ
竹で組んだ支柱は、風景になじむ

NO.65シイタケの菌打ち

―家庭菜園実習片平教室―

(4/3 川崎市 片平楽農倶楽部)

    4月から新しい学期が始まった。もう4年目、3年目の人もいて、メンバーみんなすっかりおなじみに。今日の実習のメインは、シイタケの菌の打ち込み。先月多摩ニュータウンの雑木林から切り出してきたクヌギに、ドリルで穴をあけ、菌のコマを埋め込む作業だ(写真左)。三浦さんが、一人一本、好きな切り株を選ばせてくれる。自分の木に菌を打ったら、ネームプレートをつけてホダ木置き場に俵型につんでおく。3ヶ月ほど、この”仮伏せ”の状態にしておくそうだ。収穫のあかつきには、バーべキュー宴会しよう、とずいぶん先の話で盛り上がる。”マイ・シイタケ”の収穫が、ほんとに待ち遠しい。

   畑は、シュンギク、カブなどを残して、冬野菜を片付ける。トンネルかけして大事に育てたホウレンソウは、トウが立ち始めていたが、驚くほどやわらかく、香りもバツグンだった。エンドウに支柱を立てる。つるがからみやすくなるよう、木の枝を立てる(写真右)。ケヤキの木がいいそうだが、今日は別の木で。木の枝の支柱は、畑に良く合い、風景になじむ。

  最後に、イチゴのマルチング。雑草除け・泥はね除けに、黒マルチをかける(写真左)。もう花も咲き始めているが、この次期の花は、摘み取ってしまう。4月後半になって、ハチが飛ぶようになってからの花を生かすのだそうだ。去年は日当りの悪い場所でイチゴがぱっとしなかったが、今年は畑の一等地に植え替えた。今のところ、育ちもいい様子。”イチゴ狩り”して、”畑でつまみ食い”が叶うだろうか?

NO.64堆肥積み

家庭菜園実習「藤沢教室」~無農薬・無化学肥料栽培実習~

(2004年3月13日/藤沢市 相原農場)
  微生物のえさとなって、土の物理性を良くする(通気性・保水性・水はけ)「堆肥」は土作りには欠かせない。相原農場では、契約している植木屋さんから剪定くずを山のように譲り受け、堆肥の元にしている。ただ山積みにしておけばよいわけではなく、分解を促し、むらのない良質の堆肥を作るためにはそれなりの手間をかける必要がある(写真①~④)。この工程を何回も繰り返して、積み重ねていく。半年ほどで、堆肥として使える状態になる
 
①剪定くずや落ち葉などをショベルカーで積上げる ②①の山に乗って、平にならし、踏み込む
 
③次に、米ぬかを満遍なくまく   ④水をたっぷりしみこませる
 
現在の山。分解が進むと、→→→半年ほどでこんな状態に。 

NO.63冬野菜の大収穫!

-ゼロから始める家庭菜園実習 伊勢原教室-

(12/7、12/21 神奈川県伊勢原市 高梨農園)

―大収穫のダイコンは切干に―
   8月末にスタートした高梨農園の講座。土作りから始めて、ダイコン、ハクサイ、青菜など10数種類の秋冬野菜を育ててきた。9月の猛暑でダメになったり、蒔き直しをしたりで不安な幕開けだったが、11月頃から収穫が始まると、毎回、抱えきれないほどの野菜を持ち帰る豊作となった。筆頭は、ダイコン。作付面積も一番広かったが、こんなにたくさん食べきれないよ、と嬉しい悲鳴が上がる。
すると小俣さんが、切干ダイコンの作り方を教えてくれた(写真右)。まず、ダイコンを3~4枚(厚さ1~1.5cm)にスライスする。次に、スライスしたダイコンに縦に3本くらい切れ目を入れる。このとき、首の部分は切り放さず、つなげたままにしておく。この部分をクリーニングのハンガーやひもに引っ掛け、風通しのよい日陰に吊るして干す。からからになったら、出来上がり。初め太め・厚切りでも、心配無用。1週間~10日もすると、びっくりするほど縮んでカサが減る。大量のダイコンを手軽に保存するいい方法だ。
―ハクサイの管理とトンネル作り―   ハクサイも見事に結球し、ずしりと重い収穫(写真上)。年末を挟んで1ヶ月近く実習がないので、残ったハクサイは、鳥害予防と霜対策のため、ワラで軽くしばっておく(写真左下)。トンネル栽培もやってみたい、ということで、コマツナ用の畝作り。トンネルの支柱は、近くの竹林で調達。細いしの竹を切って、半円形にたわめ、覆いのビニールの骨組みにする(写真右下)。
   
―ユズもぎ―
   最後に、下のユズ畑でユズもぎをさせていただく。「霜に当るとダメになるから、たくさん取っていって」と高梨さんの嬉しいおことば。お正月用に、砂糖漬け用に、冬至のユズ風呂用にと、香り高いユズを銘々たくさん抱えて帰る。次回は年明け18日。実習のあと、新年会をやることに。落ち葉の堆肥作りも楽しみだ。

NO.62タクアン作り

―家庭菜園実習片平教室―

(2003年12/13 川崎市 片平楽農倶楽部)

  今年最後の実習は、農作業のあと、三浦先生の奥さんの指導(写真右下)によるタクアン作り。まずは、収穫したばかりのダイコンを、鉄パイプで組んだ台につるして、干す(写真左)。これは、次に漬ける分。今日漬けるのは、すでに2週間ほど干したもの。漬ける目安としては、ダイコンをUの字にたわめても折れない状態とのこと。

①塩とヌカ、砂糖の量を出すために、ダイコンの総重量を量る(写真A)。塩分は、長く保存するなら9~10%。減塩がお好みなら5~6%ほど、この場合、保存できるのは1~2ヶ月。
②ヌカは15~20%。甘味を出すために理想的なのは、柿の葉・リンゴの葉などだが、今年は柿が不足なので、中粗目も少し使う。塩、ヌカ、中粗目はよく混ぜておく。
③樽の底に、ダイコンを敷き詰める。下の方には、太くて大きめのダイコンを敷く。ダイコンは、井桁に組んでいく並べ方が多いが、今回は、宮城出身の奥さんのご実家のやり方に習って、樽の円周に沿って、隙間なく丸く詰めていく。トウガラシは虫除けにもなるという(写真B)
④一段並べたら、②の粉と果物の皮・昆布・トウガラシをまき、その上に2段目のダイコンを並べる。この繰り返し。
⑤全部樽におさまったら、空気に触れて酸化しないよう、一番上にダイコンの葉をふた代わりに敷き詰める(写真C)。木ぶたをして、ダイコンの2~3倍の重しをする。
⑥一週間くらいで水が上がってくるので、それ以降は水がこぼれないように重しを徐々に軽くしていく。
さて、食べごろは来年2月とのこと。おいしいタクアンが食べられるでしょうか?
A B
C

NO.61秋冬野菜の収穫・餅つき

―家庭菜園実習<応用編>―

(2003年10~12月 三鷹市中原 星野農園)
   星野農園の実習では、ナスやトマト、ダイコンやキャベツなど星野さんの出荷用野菜の実習の他に、 畑の一画を使って、受講生の希望の野菜の栽培ができる。
   その一つが、ゴボウ栽培。肥料の袋を利用して5月に種を播き、11月に収穫。袋をカッ ターで切り開いてみると、立派なゴボウが出てきた。袋の底を抜いたものは、地面にまで根を張っていた。掘りたてのゴボウは本当に柔らかく美味しい。
    11月23日には、来年初夏収穫予定のそら豆やインゲンなどの豆類の播種。一さく鍬で耕し、マルチングをする。霜が降る前に芽を出し、冬を越すことが丈夫な豆が育つポイント。
   10月も後半になると、秋冬野菜が次々と収穫でき、皆の顔に笑みがこぼれる。今年は11月が暖かく、野菜もどんどん大きくなり、値段も暴落ぎみとか。時間をかけて栽培したのに、農家の苦労を思うと悲しくなる。
   12月21日は、タクアン漬けと餅つきで今年を締めくくる。 立派な臼を見るのも餅を搗くのも初めての人もいて、杵の重さにびっくり。 持ち帰り用の餅と、お昼に食べるからみ餅を作る。アンコ、きなこ、ダイコンおろし、ゴマの4種類。ほかにも栽培実習した野菜を中心にご馳走が並び、スローライフ、スローフードの楽しさを かみ締めました。

  細長いゴボウも肥料袋で育てれば、掘り出しがラク。

  ダイコンとホウレンソウのたねまき

  初めての餅つき

講座レポート

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 14