田舎の学校つれづれ

代表: 田中直枝のコラム

1 2 3 4 5

NO.17「京都と江戸・東京―雑感」

   『環境・住む』のテーマは、「田舎の学校」の農関連以外のもう一方の柱です。2004年から始まった京都講座は、2007年を除いて4回開催しました。「京町家」と「京野菜」への興味が動機で、その後は庭園や非公開の寺などを入れながら京の町を散策しました。何度か足を運ぶうち、千年の歴史があるこの都があまりにも奥深く、測り知れない魅力に満ちていることを知りました。寺社・庭園・食べ物どれをとってもきめ細かく人の手が入り、洗練されています。冬寒く、夏暑い京都が長いこと都であり続けたことが不思議になりますが、地形から見ると京都市は周囲を山に囲まれた盆地。市中心部は平地で、街作り・街割もしやすかったのでしょう。道も碁盤の目の様で、通り名が頭に入れば、位置関係が大体つかめます。また盆地の下は清涼な水をたっぷりと抱え、美味しい食の一端を担っています。都の長寿のわけがこの辺でもうかがえます。既に成熟し落ち着いた都市を京都には感じます。
   京都市中は1864年、『蛤御門の変』の大火(どんど焼き)で焼失し、その後に職(店)と住まいが一緒なった今日の町家が建てられました。町家は夏を涼しく過すための工夫が凝らされ、火事が隣近所に燃え広がらない様に注意がなされています。戦火にも遭わず数少なくなりましたが、今に至っています。
   江戸の町づくりの大きな特徴は、地形を最大限に活かして作られたことです。武蔵野台地の突端に城が築かれ、東京湾に面する東の低地・下町に町人地、西の台地・山の手に武家地と家康が計画的な都市づくりをしました。山の手は多くの河川が台地を刻み、起伏に富んだ美しい景観を作っています。この地形を取り入れて武家屋敷が建てられました。この地域には今でも多くの坂があり、坂と武家屋敷跡めぐりも楽しい散策になります。人口が膨れ上がった江戸では、東京湾を埋め立て、町人を住まわせました。この江戸も明暦の大火(1657年)で焼き尽くされ、幕府は新たな都市開発を余儀なくされました。ここから江戸は周囲にどんどん拡大していき、大都市江戸となっていきます。東京はこの江戸の骨格の上に成り立っています。
   巨大化した東京で江戸を感じるのは難しいところですが、多く出版されている江戸の本を片手に歩くと、今の東京の向こうに別の顔をのぞかせます。京都に比べるとあまりにも巨大でまとまりがなく、秩序のない東京は景観も環境も芳しくありません。ただ、何もかも取り込むエネルギーの凄さを感じます。まだまだ変わる東京、都市としてどこへ向おうとしているのかを、注意して見ていきたいと思います。

(2008年11月 田舎の学校代表 田中直枝)

NO.16「すべて値上がり―これは生活転換、農業のビジネスチャンス」

   今年の夏も暑い。私の子ども時代には30℃というのはと大変暑いという感じでしたが、今の感覚でいうと34℃というところでしょうか。今までできた農作物が温暖化で作れなくなり、栽培品種を変え、さらにどんどんと品種改良が必要になっているそうです。
   原油高、食料品の高騰、そんな暗いニュースばかりです。食料品が値上りすることは充分に予想されていたことで、何を今さらと思わないでもありません。小麦の値上げによるパンの価格上昇は、米食に切替えする機会になり、皮肉にも我が国の自給率を少し上げるのに役立ったといいます。中国からの食料輸入で成り立っている私たちの食卓も、輸入量が減り、さらなる食料品の値上げは必至です。
   世界中が食料と水の確保に躍起になる時代がきました。日本はフード・マイレージ(食料重量と輸送距離を掛けた数値で示した指標)が世界で一番、CO2を撒き散らしながら世界中から食料を手に入れています。例えばみそ・豆腐・醤油の材料となる大豆、自給率は約5%だそうです。家畜の飼料も輸入頼りです。もし、飼料が日本である程度賄えれば自給率はぐっとアップします。休耕田に飼料用の米を作る試みも始まり、実用化されることを期待しましょう。非常に高い水準にある日本の農業技術が様々の分野で広く活用され、うれしいニュースを目にする日がくるといいですね。
   米の輸出地域だった東南アジアが輸入国に転じ、中国の輸入も増えています。日本の米輸出がさらに増していくでしょう。これらのことを考えると、日本の農業はビジネスチャンスを迎えています。「そう簡単にはいかないよ」といわれそうですが、シンプルに考えるとやはり日本の農業は転換期でしょう。フード・マイレージを低く押さえるためにも、地産地消(日本国内・地方の生産と消費)、そして農作物の輸出拡大。わたしたちの食生活も見直す時がきています。



田んぼの草取り・大豆の花・6月の小麦畑(町田里山再生隊スナップ)

(2008年8月 田舎の学校代表 田中直枝)

NO.15「昭和の家」

   この春は天候が不順で「田舎の学校」の講座は難儀をしています。これからの生活環境の悪化が気になります。
   私事ですが、昭和の初めに建てられた武蔵野市の実家が建て替えられることになりました。手を入れながら74年間持ちこたえた家ですが、さすがに傷みも激しくなりました。兄夫婦がよく守ってくれたと思います。昭和を代表するようなこの家は、母の実家が木材業だったので、長野県小諸から運ばせた材木と大工を使って建てられ、天井が高く南北に廊下があり、夏は大変涼しい家でした。夏には襖や障子がはずされ簾に替わり、蚊帳をつって寝る。入室するのに遠慮のいった書斎と客間。火鉢と掘り炬燵で暖を取っていた冬はホントに寒い。1960年代半ばまで、五右衛門風呂は薪と石炭で沸かし、トイレも汲み取り式。1964年の東京オリンピックを契機に日本中が変わりはじめた頃から、少しずつですが便利になっていきました。「行儀が悪い」「もったいない」と両親からよく注意されました。
   漆喰壁、縁側に障子、木枠のガラス戸、すべてが土に帰る今でいうエコ住宅。垣根は武蔵野に多いヒイラギ。モッコク、モチ、シラカシ、ツバキなど植木屋の年二回の手が入り、草花は母の趣味を兄嫁が引き継ぎました。取り壊しはまず庭から、門や何本かの樹木はそのままですが、白ヤマブキ、シャクヤク、テッセン、ヒトリシズカなどは我が家の小さな庭へ移しました。
   人の形成には幼年期の環境が大きく作用するといいますが、「田舎の学校」の講座企画は私が過ごしたこの時期の体験によると、結果感じています。家には手入れのためいろいろな職人さんが出入りしました。今は身近に働く人たちを子供たちが目にする機会も少なくなりました。畳や襖のない家で、子どもたちに立ち居振舞いを教えようもありません。
   文化は暮らしとともにあり変化していくものですが、昔を懐かしむだけでなく、何をどう継承していくか難しいです。昭和時代の実家は日本文化の一部を継承し、自然環境と共にあったことを教えてくれました。

(2008年5月 田舎の学校代表 田中直枝)

NO.14「新年度を迎えてー雑感」

   「ゼロから始める家庭菜園実習」の新しい教室ができました。この実習地・練馬区の井口農園は都心近くの貴重な農地です。食べ物の安全が見直されている今、自分の手で野菜を作りこと、農家がどのように生産しているかを見ることがますます求められています。しかし、私たちが受け入れ農家・実習地を見つけるのは本当にむずかしく、自治体やJAにお願いしても今まで話がまとまったことは一度もありません。そんな中で、今回の井口農園と船橋の飯島農園は会員さんの紹介から成立した教室です。ありがたいことです。他の講座についても提案や助言を会員さんからいただき、ずいぶん助けられてきました。
   「田舎の学校」はこの春で満8年になります。その間、農環境は目まぐるしく変化をしてきました。後継者不足による耕作放棄地の増加、中国産の野菜に頼らなければ成り立たない多くの食品・外食・惣菜産業。地球温暖化、穀物がエネルギーとして使われ始めたおかしな流れ。石油や小麦の高騰。心配されていたことが、一気に現実のこととなりました。
   八ヶ岳や白神山地を訪ねると、美味しく豊かな水に出会います。その水に育まれた米や野菜に酒。日本は潤いのある美しい国だと思います。我が国の豊かな環境を維持し、できるだけ食物を生産・消費する、そんな仕組みが早急にできることを期待したい。どこに向って進んでいるのか分からないような現状を見つめ直したい。ほどほどの、足元を見つめた暮らしができればよいのではと、つくづく感じるこの頃です。

(2008年2月 田舎の学校代表 田中直枝)

NO.13「白神山地とブルゴーニュの小さな村々」

   世界遺産・ブナの原生林で有名な白神山地。秋田県と青森県にまたがるこの山地の中心地域は、人が近づけない険しい山並みが続きます。それだからこそ、そのままの自然が残り、屋久島とともに世界自然遺産(1993年)にも登録されました。
   しかし、高度成長期に秋田県と青森県をつなぐ「青秋林道」の建設が着工され、白神山地を縦断することになりました。能代の鎌田幸一さんは、ブナ林がもたらす豊かな水を育むこの山地の保全運動を始めますが、地元の理解が得られず、大変な苦労をされました。鎌田さんの思いは研究者やマスコミを動かし、多くの人々が貴重な自然を残す意義を訴え、ブナが切り倒される直前にこの林道建設は中止になりました。
   今年十月、白神山地を訪ねる講座で私たちが訪れた岳岱自然観察園には、伐採予定の印(番号)のついたブナの木がありました。切られずに残って本当に良かった!この講座では秋田県側から白神山地周辺を巡ります。昨年初夏も訪れましたが、美しい景観、地元の人たちの心温まるおもてなし、海の幸・山の幸の美味しい食べ物と充実した二日間を過ごしました。しかし、目を転じると、能代駅前の商店街はシャッター街。地方都市の置かれた厳しい現状に胸が痛みます。
   先日、フランス・ブルゴーニュ地方の小さな村を巡るNHKの連続番組を見ました。どの村も若者が都会に出て、残された者が細々と農業をしている小さな村々。しかし、統一された街並みと自然を取り入れた景観は美しい。
その村が、地元の特性を生かした観光事業で元気を取り戻したそうです。特産の栗やトリュフでお祭りを開き、農家伝統の料理を振舞うレストランなどが紹介されていました。外部の人たちがその村の良さを見出して助言し、町おこしのキッカケを作ったそうです。我が国でも、元気になった村々の話題が多く出てくる時が来ると良いですね。

(2007年11月 田舎の学校代表 田中直枝)

NO.12「ナショナルトラストと北海道の旅」

   7月の連休を利用して、19年ぶりに北海道へ行ってきました。動物写真家で作家でもある竹田津実さんが3年前にオホーツク沿岸の小清水町から旭川市へ越され、お宅を訪問するというのが第一目的。竹田津さん執筆の『オホーツクの十二ヶ月』(福音館書店)が今年二つの賞を受賞。札幌で開かれるそのお祝いの会に出席するのが第二の目的で、それに友人に会ったり、観光したりの忙しい旅でした。
   ナショナルトラストという自然保護活動があります。『ピーターラビット』の著者、ビアトリクス・ポターが、イギリス湖水地方の広大な自分の土地を自然のままで残すことから始まりました。
   竹田津さんが獣医として小清水へ赴任し、傷ついた野生動物を看たりと地元の人々との交流の中で生まれたのが、(財)小清水自然と語る会(1976年)です。その頃、日本中どこでも同じですが、小清水の森周辺も開発が進み、野生動物が危機にありました。動物写真家としても有名になり始めた竹田津さんは、包容力と大らかな人柄で周りの人たちを引きつけ、森を多くの人たちで買い取る運動・ナショナルトラストへと発展していきました。私たち家族も「オホーツク村」と名づけられたこの森の保護運動へ参加し、村民になりました。彼の原作『キタキツネ物語』の映画化など、「小清水自然を語る会」はその活動が認められ、1988年に日本で二番目のナショナルトラスト・自然保護法人として認可されました。現在日本のナショナルトラスト認可団体は55あります。
   札幌から旭川へ移動する日、富良野と美瑛に寄りました。富良野の富田ファームは、ラベンダーとカスミソウやケシなどが花盛り。それは見事なラベンダー園で、たくさんの人々が訪れていました。美瑛駅に降りると、『北の国から』のテーマソングが迎えてくれ、丘巡りの観光バスに乗りました。小麦の黄色とジャガイモやテンサイの緑が帯模様を作り、丘陵一帯に広がる様は息をのむほどの美しさでした。
   農家が原野を開墾してきた広大な畑、結果として美しい景色となっていますが、斜面での作業が大変なので平にしようという話も出ているとか。景観を見に来る観光収入は農家には一銭も入らないという事実は、やはりどこかオカシイ。生業としての農業と結果として維持される景観、それを楽しむ人たち、上手く繋ぐ手立てはないのでしょうか。そんな思いを抱いた旅でした。

(2007年8月 田舎の学校代表 田中直枝)

NO.11「食糧の需給」

   まれにみる降雪量の少なさで冬を越し、米作への影響が心配され、四国ではすでに取水制限が始まったとか。周りには食品が溢れ一見豊かに見える食糧も、世界的に見れば、開発発展途上国の人口増加・所得水準の上昇に伴う食生活の変化・環境悪化などで不足している現状にあり、これからはさらに悪くなる需給見通しがあります。
   日本の食糧自給率はカロリーベースで約40%と、主要先進国の中で最低の水準にあります。自給率低下の主な要因は、米を食べなくなったこと。さらに肉類や植物油の消費増加で、家畜の飼料や油の原料の輸入が拡大したことがあげられます。
   私が成長した1950~60年代前半には、家に魚屋、八百屋、肉屋、酒屋などの御用聞きが注文を取りに週に数回やってきました。近所には個別の商店があり、買う物を暗記させられ買い物に何軒かの店を廻ったことを思い出します。店の人はどこの娘かを覚えていて、買う物を間違えたり忘れたりすると、手助けをしてくれたものです。そこに住む人々を把握し、地元に密着した商いをしていました。その頃の食事は品数も少なく、国産の食料がほとんどだったのでしょう。物流も保存方法も発達しておらず、地元産の野菜・旬の魚などが食卓に上りました。豊かではなかったけれど、食品が身近にあったように感じます。
   その後の食生活の欧米化は著しく、また近年は日本型の食生活が見直されています。食糧の流れもグローバルになることは当然ですが、地元産・国産をもっと大切に、私たちが消費し生産者を支援していくことが、食糧自給率アップにつながり、農業・漁業の活性化にもなるでしょう。

(2007年5月 田舎の学校代表 田中直枝)

NO.10「バイオエタノールと食糧の自給」

   この冬は経験したことのない暖冬です。2月の明るさと暖かさは3月並みで、もう春が来たと思いながら過ごしています。地球温暖化が身近なことになり、CO2削減は待ったなしの状況です。
   今注目のバイオエタノールはガソリンの代替エネルギーとして注目され、すでに米国やブラジルなどではガソリンに混ぜ、一部実用化され輸出されています。穀物の糖分に酵素菌をいれてアルコールにする、これがバイオエタノールで、トウモロコシ・大豆・サトウキビなど、もちろん米からも作ることができます。ビックビジネスのチャンス到来と、既に穀物の奪い合いが始まっています。メキシコでは主食・トルティーヤの原料のトウモロコシが高騰して貧困層の生活を脅かし、ブラジルでは輸出用に熱帯雨林を大豆畑に替え、大豆輸出国だった中国や米国が直接買い付けをしている等々。世界のグローバル化の中で、穀物生産は食糧供給の他に、エネルギー供給という役割も担い始めました。
   各国には独自の食習慣・食文化があり、食糧生産があります。自国の食糧は自国で確保する、これは基本です。グローバルな流れの中で、富める国と貧しい国、富める人と貧しい人の格差はますます広がり、貧しい国々の畑を富める国がビジネスのための畑にしていく、そら恐ろしいことが現実になっています。せっかくのバイオエタノールという素晴らしいものが、ビジネスのみの対象になり、結果世界の均衡を壊していくことにならないでほしいと思います。
   日本でもサトウキビや規格外トウモロコシやジャガイモなどからバイオエタノールが作られていますが、ガソリンとの混合方式の違いで実現が足踏みです。世界の、また我が国のこれからの展開を注視したいと思います。

(2007年2月 田舎の学校代表 田中直枝)

田舎の学校つれづれ

1 2 3 4 5